診療科のご案内

薬剤部

薬剤部の研究実績

【著書】

佐藤淳也:Evidence Update 2021 エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート 子宮癌・卵巣癌治療薬
薬局 72(1); 182-188, 2021.

佐藤淳也ほか:「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2020年版」日本緩和医療学会 編集, 2020年7月20日

佐藤淳也:病気とくすり 基礎と実践Expert’s guide, 第4章 呼吸器系・消化器系の病気と薬, 南山堂, 東京, 2020年3月30日, 849-857頁

吉成宏顕:準備で決まる抗がん薬治療、週刊日本医事新報、No.5012、2020年5月16日

佐藤淳也:Evidence Update 2020、子宮癌・卵巣癌治療薬、薬局 71巻1号 178-183頁、南山堂、2020年

佐藤淳也ほか:がん化学療法レジメン管理マニュアル第3版、医学書院、東京、2019年12月

佐藤淳也ほか:病棟・カンファレンスでそのまま使える想定問答集151~医師・看護師のギモンに“的確”かつ“迅速”に答える!、 株式会社じほう、2019年10月

橋本竜ほか:がん化学療法に伴う末梢神経障害の特徴と評価、 科学評論社、 2019年4月


【論文】

粂哲雄 , 野村光永, 安田陽子, 佐藤淳也, 梅坪翔太,鴨志田武, 石川寛, 篠道弘:がん薬物療法におけるレジメンチェックシステムを用いた確認事項の均てん化に向けた薬剤師の取り組み. 医療の質安全学会誌 16(1) 2021

Ryu Hashimoto,Junya Sato, Hiroshi Ishiguro, Natsuko Sugiyama, Takeshi Ito, Yoshinori Kato, Keiji Kuramoto, Kayoko Maezawa, Yasuyuki Momose: Development and Validation of a New Evaluation Index for Oxaliplatin-
Induced Cold Hypersensitivity Symptoms, Der Pharmacia Lettre, 12; 1-12: 2020(in press).

佐藤淳也,鈴木茉莉子, 吉澤博明, 田中 怜, 篠 道弘: 臨床現場の薬学的計算機能を有する薬剤師電卓の開発と有用性評価、Pharma Media(受理編集中), 2020年.

佐藤淳也、篠道弘:計数調剤における余り計算電卓の有用性、Pharma Media 38巻3号, 79-83, 2020年.

賀茂佳子、佐藤淳也、田中怜、篠道弘:シスプラチン投与患者の血清マグネシウム値と腎機能に対する経口マグネシウム剤および制酸剤投与の影響、癌と化学療法 47巻11号, 605-608, 2020年

Sato J, Ishikawa H, Yasuda Y, Tanaka R, Kiyohara Y, Yamawaki Y, Endo M, Shino M,J Oncol Pharm Pract.: Effectiveness of a pharmaceutical instruction video for adherence to dermatopathy treatment in patients with cancer receiving the anti-epidermal growth factor receptor antibody, J Oncol Pharm Pract . 2020 Feb 18;1078155220904149. doi: 10.1177/1078155220904149. Online ahead of print. March 2020

Rei Tanaka, Hiroshi Ishikawa, Junya Sato, Michihiro Shino, Takao Aoyama, Kentaro Yamazaki: Investigation of Preventive Effects of Magnesium Oxide for Panitumumab-related Hypomagnesemia, European Journal of Clinical Pharmacy, 21; 187-192: 2019.

斎藤恭正、北川和男、佐藤淳也、山本秀巨、渡部通章、増渕正隆:血管新生阻害薬使用における尿蛋白/クレアチニン比の有用性について、癌と化学療法 46巻11号 1741-1745、2019年

Junya Sato, Yuki Yamawaki, Masako Ito, Megumi Endo, Rei Tanaka , Michihiro Shino:Measurement of the leak rate of masks used for anticancer drug handling using a mask fitting tester.Journal of Oncology Pharmacy Practice, J Oncol Pharm Pract . 2020 Sep;26(6):1318-1323. doi: 10.1177/1078155219891210. Epub 2019 Dec 10.


【寄稿】

吉成宏顕:いつでもモチベーションを保つために~筋トレのすすめ~ 日本医事新報 504; 54-55,2021.

佐藤淳也:COVID-19パンデミック時のデキサメタゾン制吐予防の削減:
カナダ、オンタリオ州からの推奨事項
日本緩和医療学会ニューズレター, 第89号, 2020年11月発行

佐藤淳也, 塚越真由美:抗がん剤全般による血管外漏出、静脈炎の対処法
東和薬品抗がん剤Navi

佐藤淳也:乳がんにおけるビスホスホネートによる骨転移の管理:
投与間隔に関するシステマティックレビュー, 日本緩和医療学会ニューズレター, 第88号, 2020年8月発行

佐藤淳也:口渇の緩和ケア評価:進行疾患の患者にとって口渇に最も重要なことは何か?, 日本緩和医療学会ニューズレター, 第87号, 2020年5月

佐藤淳也:がん患者のケアにおけるオピオイド誘発性便秘に対するポリエチレングリコール(PEG)とセンノサイドの比較試験, 日本緩和医療学会ニューズレター, 第86号, 2020年2月


【学会発表】

清原祥夫,田口真穂,佐藤淳也,紅谷梨央,山田博章,塩川満:
「悪性腫瘍による皮膚自壊創の 制御を目的としたモーズペーストの 普及実態及び障壁要因に関する調査」第36回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 E-7-10 一般演題25 2021年1月8-9日(Web開催)

橋本竜、佐藤淳也、石黒洋ほか:
オキサリプラチン(L-OHP)起因性冷感過敏症状に対する新たな評価指標の作成と検証」
第30回日本医療薬学会年会、2020年10月

鈴木茉莉子、佐藤淳也ほか:薬学的観点に基づく多機能搭載型「薬剤師電卓」の開発と臨床評価
第30回日本医療薬学会年会、2020年10月

田口真穂、佐藤淳也ほか:悪性腫瘍による皮膚自壊創の制御を目的とした院内製剤モーズペーストの使用報告に関する文献調査
第30回日本医療薬学会年会、2020年10月

佐藤淳也:緩和領域におけるクリニカルクエスチョンの具現化~アイデアで勝負する観察研究~
第30回日本医療薬学会年会シンポジウム53、2020年10月

石原千春、佐藤淳也ほか:
医療用麻薬の持出渡航規制に関する研究~医療機関における実態調査~ 緩和・支持・心のケア 合同学術大会2020、2020年8月

小茂田昌代、佐藤淳也ほか:
便秘治療薬のアカデミック・ディテーリング~支持療法の適正使用に向けた新規薬剤小委員会の試み~
第5回日本がんサポーティブケア学会学術集会2020、2020年3月

吉成宏顕、佐藤淳也、橋本 竜、梅田鈴香ほか:
パクリタキセル+カルボプラチン療法施行時の脱毛予防対策としての頭部冷却装置の使用経験 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 、2020年3月

黒﨑隆、杉山奈津子、吉成宏顕、橋本竜、神坐美弥子、前澤佳代子、内田克紀、佐藤淳也ほか:
免疫チェックポイント阻害薬投与後にスティーブンス・ジョンソン症候群を発症した症例
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020、2020年3月

梅田鈴香、佐藤淳也、橋本 竜、吉成宏顕、杉山奈津子、河原井麗正、石黒 洋、百瀬泰行:がん化学療法に対する脱毛予防としての頭部冷却装置(Paxman Scalp Cooling システム Orbis)の使用経験と薬剤師の関わり、第66回栃木臨床実例報告会 2019年12月5日(宇都宮市)

橋本竜ほか:Oxaliplatinによる末梢神経障害を発現した患者の背景調査 -PMDA医薬品副作用データベース(JADER)からの解析-、第29回日本医療薬学会年会、2019年11月4日

大矢智則ほか:トルバプタンの治療効果に影響する要因の検討、第29回日本医療薬学会年会、2019年11月4日

黒崎隆ほか:SJSの被疑薬同定に難渋した症例、日本病院薬剤師会 関東ブロック第49回学術大会、2019年8月25日

久保倫美ほか:抗がん剤の曝露対策における当院の取り組み-職員の認識と現状調査-、日本病院薬剤師会 関東ブロック第49回学術大会、2019年8月25日

深井克則ほか:薬剤耐性対策アクションプランに基づく国際医療福祉大学病院における取組みの評価、日本病院薬剤師会 関東ブロック第49回学術大会、2019年8月25日

玉井一也ほか:高齢者のポリファーマシーを適切に管理するための検討、日本病院薬剤師会 関東ブロック第48回学術大会、2018年8月25日

坂口貴大ほか:免疫チェックポイント阻害薬による皮膚障害への取り組み、日本病院薬剤師会 関東ブロック第48回学術大会、2018年8月25日

鈴木茉莉子ほか、向精神薬処方の適正化に向けた取り組み-当院における多剤併用状況の調査-、日本病院薬剤師会 関東ブロック第48回学術大会、2018年8月25日

橋本竜ほか:自動車運転に影響を及ぼす医薬品を使用している患者の実態調査、第27回日本医療薬学会年会、2017年11月4日


【地域での活動報告】

梅田鈴香:せん妄ハイリスクケア加算算定に伴い薬剤師にできること、不眠症を考える会(Web開催), 2020年12月3日

宮内輝人:職場における抗がん薬曝露リスク、国際医療福祉大学病院 抗がん薬曝露WG講演会、2020年2月6日

宮内輝人:抗がん剤取り扱い状況と課題~がん専門病院でなくてもやるべきこと~、チームオンコロジー研究会(那須塩原市)、2020年2月4日

神坐美弥子:力をいれている業務について、栃木県病院薬剤師会誌 第117号、2019年10月16日

坂口貴広:免疫チェックポイント阻害薬による皮膚障害への取り組み、第64回 栃木県病院薬剤師会 臨床実例報告会、2018年9月27日

神坐美弥子:当院における散剤単位換算表作成によるリスクマネジメントへの取り組み、第56回 栃木県病院薬剤師会 臨床実例報告会、2016年12月8日

植松久美子:短腸症候群患者に薬剤師が関わった一例、第47回 栃木県病院薬剤師会 臨床実例報告会、2014年10月24日

大根田亨:予防的抗菌薬投与日数変更に伴う評価-帝王切開手術症例において-、第45回 栃木県病院薬剤師会 臨床実例報告会、2014年2月27日

加藤剛:化学療法チームカルテ導入への取り組み、第44回 栃木県病院薬剤師会 臨床実例報告会、2013年10月3日

増田達人:皮膚科外来患者におけるDLQI分析、第42回 栃木県病院薬剤師会 臨床実例報告会、2013年3月21日


【学術研究】

大矢克則:バンコマイシン投与患者における血中濃度予測値と実測値の解離に対する患者背景因子の影響、国際医療福祉大学薬学部 大学院薬学研究科修士課程、2016年度

見学会/面接/資料請求