医師案内

外科

鈴木 裕

鈴木 裕(すずき・ゆたか)

Yutaka Suzuki

副院長
消化器・乳腺外科上席部長
手術部長

国際医療福祉大学 医学部教授

消化器外科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前東京慈恵会医科大学講師
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医、日本食道学会認定医、日本静脈経腸栄養学会認定医、緩和ケア研修修了

従来の「治す」だけの医療を、患者様の苦痛を最小限度に抑え、精神的な不安を取り除く医療へと転換させている。具体的な外科治療の骨子は、①内視鏡治療の推進、②腹腔鏡・胸腔鏡手術の導入、③機能障害を最小限に抑える、④術後、患者様を痛ませない、⑤丁寧に病気や治療を説明することによって、不安感を取り除く、⑥医療費の低減(術後合併症の発生を抑え、入院期間を短縮する)、⑦術後の早期社会復帰、⑧患者様の利便性を重視し、地域で患者様を支える、である。豊富な経験、高度な先端医療技術には定評がある。
特に腹腔鏡・胸腔鏡手術の導入により、食道がん、胃がん、大腸がんの入院期間を劇的に短縮させ、早期の社会復帰を可能にしている。また、胃ろう手術(PEG)はTVでも全国に紹介され、高い評価を得ている。

大平 寛典

大平 寛典(おおだいら・ひろのり)

Hironori Odaira

消化器外科部長
国際医療福祉大学 病院教授

消化器外科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本食道学会食道科認定医・食道外科専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医、日本内視鏡外科学会技術認定、日本内視鏡外科学会ロボット支援手術認定プロクター、緩和ケア研修修了

一般外科として消化器(消化管が主)を中心に、甲状腺、乳腺のほか、外科的救急疾患(急性腹症)、抗がん剤による化学療法や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などを担当している。消化器においては消化器がんを中心に、消化管内視鏡、胃・食道・大腸の鏡視下手術を可能なかぎり広げるよう、手術に取り組んでいる。

吉田 昌

吉田 昌(よしだ・まさし)

Masashi Yoshida

国際医療福祉大学 病院教授

消化器外科

杏林大学卒、医学博士
慶應義塾大学客員准教授、ハンガリー国立Semmelweis University医学部客員教授、元カリフォルニア大学アーバイン校医学部研究員
日本外科学会認定指導医、日本消化器外科学会認定医、Fellow of the American College of Surgeons(FACS)

胃の病気の特性は、胃粘膜の背景、病気の部位、体型、社会的背景などによって、一人ひとりすべて異なる。そのため、たとえば胃がんについては、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、腹腔鏡(補助)下手術、機能温存手術、縮小手術、定形的なリンパ節郭清を伴う手術、化学(放射線)療法など、数々の治療法からそれぞれにあった治療法を選択している。科学的な根拠を大切にしながらも、机の上で線引きした「症例のグループ分け」によるデータを偏重しすぎないよう心がけている。胃は、「喜び」、「悲しみ」、「ストレス」、「責任」などを受けとめ、私たちの社会生活を支えてくれる重要な「社会的臓器」である。その社会的臓器にメスを入れることの意味を考えながら、治療にあたっている。

鈴木 範彦

鈴木 範彦(すずき・のりひこ)

Norihiko Suzuki

救急医療部医長

消化器外科

広島大学卒
緩和ケア研修修了

患者様の疾患と正面から向き合い、診療を行っている。主にPEGを用いた治療を専門としており、栄養管理を考え、入院中の患者様の健康管理に努めている。

中瀬古 裕一

中瀬古 裕一(なかせこ・ゆういち)

Yuichi Nakaseko

消化器外科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前熊谷外科病院外科
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、インフェクションコントロールドクター、日本静脈経腸栄養学会TNTコース修了、ALTA療法施行医、緩和ケア研修修了

消化器外科を全般に担当し、特に肝胆膵外科を専門としている。内視鏡外科も積極的に取り入れることで、よりよい医療を患者様へご提供している。また、感染治療や栄養管理、緩和医療など、総合的に患者様の治療に尽力している。

中島 啓吾

中島 啓吾(なかしま・けいご)

Keigo Nakashima

消化器外科

東京慈恵会医科大学卒
前川口市立医療センター消化器外科
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医、緩和ケア研修修了

肝胆膵を中心に、消化器外科全般を担当している。患者様お一人おひとりに寄り添い、最適な治療をご提供できるよう努めている。

鎌田 哲平

鎌田 哲平(かまだ・てっぺい)

Teppei Kamada

消化器外科

東京慈恵会医科大学卒
前川口市立医療センター消化器外科
日本外科学会認定外科専門医、ALTA療法施行医、緩和ケア研修修了

消化器外科全般を担当している。診察・手術にとどまらず、患者様との信頼関係の形成も重視しながら医療に取り組んでいる。

髙橋 潤次

髙橋 潤次(たかはし・じゅんじ)

Junji Takahashi

消化器外科

東京慈恵会医科大学卒
前東京慈恵会医科大学附属病院

消化管を中心に高齢者に対する外科診療を専門に診療・研究を行っている。患者様本人だけでなく、ご家族にとっても安心できる医療を心がけている。

布施 喜信(ふせ・よしのぶ)

Yosinobu Fuse

外科

日本大学卒
前東京慈恵会医科大学附属病院

患者様を中心としたチーム医療を心がけ、患者様お一人おひとりにあった最適な医療の提供に努めている。

星本 相淳

星本 相淳(ほしもと・そうじゅん)

Sojun Hoshimoto

非常勤
国際医療福祉大学 医学部 准教授

消化器外科

慶應義塾大学卒、医学博士
前栃木県立がんセンター肝胆膵外科副科長、元川崎市立川崎病院外科医長
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本消化器外科学会認定指導医・消器外科専門医、日本胆道学会認定指導医、日本膵臓学会認定指導医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医

肝胆膵外科を専門としている。これまでのハイボリュームセンターでの経験を生かし、患者様に最適な治療を安全に提供することを第一に考え、診療にあたっている。

伊藤 栄作

伊藤 栄作(いとう・えいさく)

Eisaku Ito

非常勤

消化器外科

東京慈恵会医科大学卒
日本外科学会認定外科専門医、ALTA療法施行医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医

一般外科を中心に診療を行っている。病気を患った患者様に寄り添い、病気の治療を行うとともに、不安も取り除けるような医療をめざしている。