医師案内

神経難病センター

橋本 律夫

橋本 律夫(はしもと・りつお)

Ritsuo Hashimoto

脳神経内科部長
神経難病センター長

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経内科

自治医科大学卒、医学博士
自治医科大学神経内科非常勤講師
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本認知症学会認定認知症専門医、日本内科学会認定内科医

高次機能障害を持つ患者様をきめ細かくフォローし、患者様のQOL(生活の質)の改善に努めている。頭部MRCT、脳血流SPECTなどで障害部位を調べ、患者様お一人おひとりに最も効果的なリハビリテーション計画をご提案している。もの忘れや判断力低下を主症状とするアルツハイマー型認知症の治療に関しても第一人者であり、早期に治療することで薬物効果が高まるため、専門的な検査を実施して早期診断を心がけている。

小川 朋子

小川 朋子(おがわ・ともこ)

Tomoko Ogawa

脳神経内科副部長
国際医療福祉大学 病院准教授

脳神経内科

自治医科大学卒、医学博士
前日光市民病院内科医長、元自治医科大学神経内科
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医

神経難病の初期診断、進行予防のリハビリテーション、合併症の対応、レスパイト入院支援、専門医による在宅医療支援などに幅広く対応している。神経難病の患者様とそのご家族は長く苦しい闘病生活をともにすることになる。だからこそ、常に患者様やご家族の立場に寄り添い、よくご相談しながら状況に適したフォローアップを心がけている。痙縮に対するボトックス治療やITB療法(バーキンソン病のデバイス治療など)も手がけている。

手塚 修一

手塚 修一(てつか・しゅういち)

Syuichi Tetsuka

脳神経内科医長
国際医療福祉大学 医学部講師

脳神経内科

自治医科大学卒、医学博士
前結城病院内科医長
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本プライマリ・ケア学会家庭医療専門医、日本認知症学会認定指導医・認知症専門医

近接性・包括性・協調性・責任性を重視して、患者様に寄り添って医療を提供するよう努めている。

加藤 宏之

加藤 宏之(かとう・ひろゆき)

Hiroyuki Kato

国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経内科

東北大学卒、医学博士
前東北大学大学院助教授、元ワシントン大学医学部神経内科研究助教授
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本認知症学会認定指導医・認知症専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病など神経難病医療のエキスパートとして広く知られており、現在は国際医療福祉大学教授ならびに当院神経難病センター長として学術・臨床両面で指導的立場にある。また、脳卒中に関してはリハビリテーションを中心に、急性期治療から再発予防の慢性期治療に至るまで、一貫して治療にあたっている。

大塚 美恵子

大塚 美恵子(おおつか・みえこ)

Mieko Otsuka

国際医療福祉大学 病院教授

脳神経内科・予防医学センター

秋田大学卒、医学博士
前自治医科大学附属さいたま医療センター神経内科講師・副科長
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定指導医・内科医

人口の高齢化に伴い、認知症やパーキンソン病の発症が増加している。長年の調査から、生活習慣の中でも食事と運動が認知機能と関連することを見出してきた。その結果をもとに、認知症発症予防と治療に取り組んでいる。

鈴木 智大

鈴木 智大(すずき・ともひろ)

Tomohiro Suzuki

脳神経内科

秋田大学卒
国際医療福祉大学病院初期臨床研修修了
日本内科学会認定内科医

患者様とご家族に寄り添い、医学的根拠に基づいた最適な医療をご提供できるよう、また、わかりやすいご説明ができるよう心がけている。