診療科のご案内

循環器内科

抄読会・研究

循環器センター合同抄読会より

令和1年12月03日(担当:吉永)
Early Surgery or Conservative Care for Asymptomatic Aortic Stenosis.
N Engl J Med. 2020 Jan 9;382(2).
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31733181
令和1年11月26日(担当:武田)
Efficacy and Safety of Ivabradine in Japanese Patients With Chronic Heart Failure - J-SHIFT Study.
Circ J. 2019 Sep 25;83(10):2049-2060.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31391387
令和1年11月19日(担当:柘植)
Effect of Intravenous Acetaminophen vs Placebo Combined With Propofol or Dexmedetomidine on Postoperative Delirium Among Older Patients Following Cardiac Surgery: The DEXACET Randomized Clinical Trial.
JAMA. 2019 Feb 19;321(7):686-696.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30778597
令和1年11月12日(担当:高田)
Cryoballoon or Radiofrequency Ablation for Atrial Fibrillation Assessed by Continuous Monitoring: A Randomized Clinical Trial.
Circulation. 2019 Nov 26;140(22):1779-1788.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31630538
令和1年11月05日(担当:高木)
Percutaneous transluminal septal myocardial ablation for hypertrophic obstructive cardiomyopathy.
Circ J. 2003 Sep;67(9):763-7.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12939552
令和1年10月29日(担当:福田)
Atrial Fibrillation Catheter Ablation Improves 1-Year Follow-Up Cognitive Function, Especially in Patients With Impaired Cognitive Function.
Circ Arrhythm Electrophysiol. 2019 Jul;12(7):e007197.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31442075

Atrial Fibrillation Catheter Ablation Improves 1-year Follow-UP Cognitive Function, Especially in Patients With Impaired Cognitive Function Circ Arrhythm Eelctrophysiol. 2019;12:e007197

【背景】
心房細動は認知機能障害のリスクとなるが、AF ablationがそれを改善するか悪化させるかは明らか出ない。今回の前向きcase-control studyはAF ablationの有無による1年間の認知機能の変化を評価した。

【方法】
心房細動アブレーションをうけた308人のRF groupとAF ablationに関してRF groupと同じ適応をもつがablationを受けなかった50のコントロールグループにおいてMontreal Cognitive Assessment scoreをbaselineおよび研究参加3ヶ月と12ヶ月の時点で評価したた。RF groupは、71.4%が男性、平均年齢 60.6+-9.1歳、34.1%が持続性AFであった。
認知機能障害はすでにpublishされているcut off scoreの23点未満と定義した。学習効果を除外するため、認知機能の変化の評価のためにpractice-adjusted reliable change indexを使用した。

【結果】
アブレーション前の認知機能障害は308人中57人 18.5%に認められた。Montreal Cognitive Assessment scoreはoverall ablation groupおよびpropensity-matched ablation group両方において、RFをうけた1年後に有意に改善していた(Overall 24.9+-2.9-26.4+-2.5, P<0.001, propensity-matched ablation group 25.4+-2.4-26.5+-2, P<0.001)。一方、コントロール群は改善を認めなかった25.4+-2.5-24.8+-2.5, P=0.012)。術前の認知機能低下がアブレーション1年後の改善において独立して関連していた(Odds ratio 13.70, 95% CI 4.83-38.87, P<0.001)。Reliable change index analysisにおいてもpropensity matched ablation groupの94.7%は、1年後の認知機能は横ばいもしくは上の階へ。

【結論】
AF ablationは認知機能障害を悪化させることはなく、むしろ1年後の認知機能テストを改善した。ことにアブレーション前の機能低下患者においてそれが認められた。
令和1年10月15日(担当:三木)
Mapping and Ablation of Ventricular Fibrillation Associated with Early Repolarization Syndrome.
Circulation. 2019 Sep 23. doi: 10.1161
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31542949
令和1年10月08日(担当:池田)
Deterioration in right ventricular structure and function over time in patients with heart failure and preserved ejection fraction.
Eur Heart J. 2019 Feb 21;40(8):689-697.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30544228
令和1年10月01日(担当:兼光)
Effects of Serelaxin in Patients with Acute Heart Failure.
N Engl J Med. 2019 Aug 22;381(8):716-726.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31433919
令和1年09月24日(担当:江頭)
Antithrombotic Therapy for Atrial Fibrillation with Stable Coronary Disease.
N Engl J Med. 2019 Sep 19;381(12):1103-1113.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31475793
令和1年09月17日(担当:佐竹)
Rhythm control for patients with atrial fibrillation complicated with heart failure in the contemporary era of catheter ablation: a stratified pooled analysis of randomized data.
Eur Heart J. 2019 Jul 11. pii: ehz443. doi: 10.1093
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31298266
令和1年09月10日(担当:吉永)
Myocardial Viability and Long-Term Outcomes in Ischemic Cardiomyopathy.
N Engl J Med. 2019 Aug 22;381(8):739-748.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31433921
令和1年09月03日(担当:武田)
Effect of 1-Month Dual Antiplatelet Therapy Followed by Clopidogrel vs 12-Month Dual Antiplatelet Therapy on Cardiovascular and Bleeding Events in Patients Receiving PCI: The STOPDAPT-2 Randomized Clinical Trial.
JAMA. 2019 Jun 25;321(24):2414-2427.
[PubMed link]https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31237644
令和1年07月30日(担当:柘植)
Canagliflozin and Renal Outcomes in Type 2 Diabetes and Nephropathy.
N Engl J Med. 2019 Jun 13;380(24):2295-2306.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30990260
令和1年07月23日(担当:高田)
Practice Variation in Anticoagulation Prescription and Outcomes After Device-Detected Atrial Fibrillation.
Circulation. 2019 May 28;139(22):2502-2512.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30880434
令和1年07月16日(担当:高木)
Usefulness of the Transcatheter Aortic Valve Replacement Risk Score to Determine Mid-Term Outcomes.
Circ J. 2019 Jun 12. doi: 10.1253/circj.CJ-18-1394.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31189752
令和1年07月09日(担当:池田)
Effect of Dapagliflozin on Heart Failure and Mortality in Type 2 Diabetes Mellitus.
Circulation. 2019 May 28;139(22):2528-2536.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30882238
令和1年07月09日(担当:池田)
Dapagliflozin and Cardiovascular Outcomes in Patients With Type 2 Diabetes Mellitus and Previous Myocardial Infarction.
Circulation. 2019 May 28;139(22):2516-2527.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30882239
令和1年07月02日(担当:福田)
Full Study Report of Andexanet Alfa for Bleeding Associated with Factor Xa Inhibitors.
N Engl J Med. 2019 Apr 4;380(14):1326-1335.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30730782
令和1年06月25日(担当:三木)
Phase I/II Trial of Electrophysiology-Guided Noninvasive Cardiac Radioablation for Ventricular Tachycardia.
Circulation. 2019 Jan 15;139(3):313-321.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30586734
令和1年06月18日(担当:兼光)
Lipoprotein(a) and Oxidized Phospholipids Promote Valve Calcification in Patients With Aortic Stenosis.
J Am Coll Cardiol. 2019 May 7;73(17):2150-2162.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31047003
令和1年06月11日(担当:佐竹)
Effect of Catheter Ablation vs Antiarrhythmic Medication on Quality of Life in Patients With Atrial Fibrillation: The CAPTAF Randomized Clinical Trial.
JAMA. 2019 Mar 19;321(11):1059-1068.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30874754
令和1年05月28日(担当:川田)
Rivaroxaban in Patients with Heart Failure, Sinus Rhythm, and Coronary Disease.
N Engl J Med. 2018 Oct 4;379(14):1332-1342.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30146935
令和1年05月21日(担当:吉永)
Five-Year Outcome After Off-Pump or On-Pump Coronary Artery Bypass Grafting in Elderly Patients.
Circulation. 2019 Apr 16;139(16):1865-1871.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30732456
令和1年05月14日(担当:武田)
Coronary Angiography after Cardiac Arrest without ST-Segment Elevation.
N Engl J Med. 2019 Apr 11;380(15):1397-1407.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30883057
令和1年05月07日(担当:高木)
Usefulness of the Transcatheter Aortic Valve Replacement Risk Score to Determine Mid-Term Outcomes.
Circ J. 2019 Jun 12. doi: 10.1253/circj.CJ-18-1394.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31189752
令和1年05月07日(担当:柘植)
Effect of Protocolized Weaning With Early Extubation to Noninvasive Ventilation vs Invasive Weaning on Time to Liberation From Mechanical Ventilation Among Patients With Respiratory Failure: The Breathe Randomized Clinical Trial.
JAMA. 2018 Nov 13;320(18):1881-1888.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30347090
平成31年04月23日(担当:高田)
Early or Delayed Cardioversion in Recent-Onset Atrial Fibrillation.
N Engl J Med. 2019 Apr 18;380(16):1499-1508.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30883054
平成31年04月16日(担当:福田)
Effect of Catheter Ablation vs Antiarrhythmic Drug Therapy on Mortality, Stroke, Bleeding, and Cardiac Arrest Among Patients With Atrial Fibrillation: The CABANA Randomized Clinical Trial.
JAMA. 2019;321(13):1261-1274.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30874766

20190416循環器内科抄読会(サマリ福田)

平成31年04月09日(担当:高木)
One-Year Outcomes of Endovascular Therapy for Aortoiliac Lesions.
Circ Cardiovasc Interv. 2019 Jan;12(1):e007441.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30616363
平成31年03月12日(担当:佐竹)
Incidence and Risk Factors of Stroke or Systemic Embolism in Patients With Atrial Fibrillation and Heart Failure - The Fushimi AF Registry.
Circ J. 2018 Apr 25;82(5):1327-1335.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29526914
平成31年03月05日(担当:兼光)
Cardiovascular Risk Reduction with Icosapent Ethyl for Hypertriglyceridemia.
N Engl J Med. 2019 Jan 3;380(1):11-22.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415628
平成31年02月19日(担当:吉永)
Bilateral versus Single Internal-Thoracic-Artery Grafts at 10 Years.
N Engl J Med. 2019 Jan 31;380(5):437-446.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30699314
平成31年02月12日(担当:武田)
Angiotensin-Neprilysin Inhibition in Acute Decompensated Heart Failure.
N Engl J Med. 2019 Feb 7;380(6):539-548.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415601

20190212抄読会(サマリ武田)

平成31年02月05日(担当:柘植)
Partial Oral versus Intravenous Antibiotic Treatment of Endocarditis.
N Engl J Med. 2019 Jan 31;380(5):415-424.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30152252
平成31年01月29日(担当:高田)
Prognostic implications of atrial fibrillation in heart failure with reduced, mid-range, and preserved ejection fraction: a report from 14964 patients in the European Society of Cardiology Heart Failure Long-Term Registry.
Eur Heart J. 2018 Dec 21;39(48):4277-4284.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30325423
平成31年01月22日(担当:湊谷)
Real-world experience of the left distal transradial approach for coronary angiography and percutaneous coronary intervention:a prospective observational study (LeDRA).
EuroIntervention. 2018 Oct 12;14(9)
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30222122
平成31年01月15日(担当:高木)
5-Year Outcomes After Left Atrial Appendage Closure: From the PREVAIL and PROTECT AF Trials.
J Am Coll Cardiol. 2017 Dec 19;70(24):2964-2975.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29103847
平成31年01月08日(担当:布田)
Percutaneous Repair or Medical Treatment for Secondary Mitral Regurgitation.
N Engl J Med. 2018 Dec 13;379(24):2297-2306.
[PubMed link] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30145927

バックナンバー

循環器内科で行っている研究

医学は患者様のご協力を頂きながら研究を行っていくことで進歩していきます。当科では倫理的に問題がないことを確認した上で、患者様のためになる臨床研究を積極的に行っています。これらの研究は厚生労働省による「臨床研究に関する倫理指針」と「疫学研究に関する倫理指針」に則って行われます。

<カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)>
研究代表者:
山根 禎一(東京慈恵会医科大学 循環器内科)
平尾 見三(東京医科歯科大学 循環制御内科学)
草野 研吾(国立循環器病研究センター 心臓血管内科 不整脈科)
研究実施者:福田 浩二(国際医療福祉大学病院 循環器内科・ハートリズム科) 
研究期間:2017年11月〜 2030年3月
2017年6月30日 国立循環器病センター倫理委員会承認(受付番号:M28-114-3)

【研究の概要】
本邦において、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療は増加の一途をたどり、すでに年間5万例以上の手術がなされています。一方、実際の治療方法や結果に関する情報は一部の施設からの報告に限られており、日本全体でのリアルワールドの現状が把握されているとは言い難い状況です。この登録事業は、日本不整脈心電学会の主導のもと、本邦におけるカテーテルアブレーションの現状(施設数、術者数、疾患分類、合併症割合等)を把握することにより、不整脈診療におけるカテーテルアブレーションの有効性・有益性・安全性およびリスクを明らかにすることを目的としています。患者様のプライバシーが除外されたデータのみを用いた観察研究であり、倫理的に問題ないことが研究代表施設の倫理委員会で確認されています。
<薬物負荷心エコーによる虚血性心疾患の診断法の確立>
研究代表者:柴 信行
研究実施者:高野 真澄
研究期間:2012年7月~2014年3月(予定)
2012年6月11日 国際医療福祉大学病院倫理委員会承認(受付番号:FK-76)
【研究の概要】
虚血性心疾患は年々増加しており、その診断がより迅速に、簡便に行える方法の確立が望まれています。本研究は、非侵襲的(痛みなどを伴わない)で被曝を伴わない心エコー図法を用いて、薬物負荷による虚血性心疾患を診断する方法の確立を目的とするものです。本研究は、被験者になる方に十分な説明を行い、同意を得たうえで行われます。当院の倫理委員会で研究の倫理性に問題がないことが承認されています。
<血圧上昇に関わるリスク因子の解明>
研究代表者:柴 信行
研究期間:2012年4月~2017年2月(予定)
平成24年3月16日 国際医療福祉大学病院倫理委員会承認(受付番号:FK-64)
平成24年5月17日 医療法人財団順和会山王メディカルセンター倫理委員会承認(受付番号:06-12-03)
平成24年9月25日 国際医療福祉大学病院倫理委員会承認(受付番号:FK-93)
平成25年3月4日 高邦会高木病院倫理委員会承認(受付番号:113)
【研究の概要】
心臓病や脳血管疾患は日本人の死因の約27%を占めています。心血管疾患の発症には、血圧の上昇や高血圧が極めて大きな影響を及ぼしています。本研究は、血圧上昇や心血管疾患発症に関連した危険因子を解析し、日本人の心血管疾患発症予防の方策を検討しようとするものです。国際医療福祉大学予防医学センター、医療法人財団順和会山王メディカルセンターの天野隆弘先生、栃木県保健衛生事業団の小暮義雄理事長、高邦会高木病院の長野光範先生のご協力とご指導で行われます。患者様のプライバシーが除外されたデータのみを用いた観察研究であり、倫理的に問題ないことが参加施設の倫理委員会で確認されています。
過去に行っていた研究はこちら

循環器内科医師研究業績

※クリックすると内容がご覧になれます。