診療科のご案内

産婦人科

産科部門

産科部門は現在、年間に700~800件の分娩を扱っており、栃木県北部地域の中核病院として県内に広く認知されています。

さらに、他の医療機関で分娩するのが危険と判断された妊婦さんも積極的に受け入れており、毎年約40例の患者様が栃木県内全域の医療機関から当科に搬送されています。

このように産科部門は、あらゆる妊婦さんのさまざまな状態に即時に対応できるように24時間年中無休の当直体制で運営しております。出産を計画中の皆様、どうぞ安心してご来院ください。里帰り分娩の方も大歓迎です。

婦人科部門

婦人科部門は主に腫瘍、感染症および更年期障害が対象となります。
子宮筋腫および卵巣嚢腫などの良性腫瘍に対しては、患者様のニーズに応え積極的に腹腔鏡下手術を取り入れ、年間70件程度を実施しています。腹腔鏡下手術の症例数は県内でもトップクラスです。
また、子宮頸部・体部がんや卵巣がんなどの悪性腫瘍に対しては、日本婦人科腫瘍学会認定・腫瘍専門医のもとで、患者様のQOL(生活の質)を重視した集学的治療を実施しています。現在のところ年間40件程度ですが、こちらも年々増加傾向にあります。

感染症および更年期障害に対しては、症状に応じて的確に対応しており、患者様の納得のいく治療をめざしています。

過多月経に対する切らない治療「マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)」について

外来、入院統計

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計 平均
外来延べ患者数 1,840 1,807 1,986 1,745 1,788 1,763 1,788 1,672 1,764 1,556 1,507 1,816 21,032 1,762
入院延べ患者数 878 791 896 883 864 997 834 749 696 824 742 867 10,021 835

診療実績

産科部門

本年度の分娩件数は550例で、帝王切開が157例(28.5%)でした。35歳以上の分娩が122例(22.2%)であり、このうち40歳以上の分娩が46例(8.4%)で、昨年度の37例(6.2%)より増加しました。単胎分娩件数は540例であり、双胎は10例(1.8%)で、昨年度の10例(1.7%)とほぼ同等でした。分娩週数は37週未満の早産は52例(9.5%)でした(表1)。双胎妊娠を含めた560例の出生児体重別症例数は、2500g未満が84例(15.0%)でした(表2)。

表1. 週数別分娩数(550例)
分娩週数(週) 症例数(%)
28-32 未満 8( 1.5%)
32-36未満 29( 5.3%)
36-37未満 15( 2.7%)
37- 498
(90.5%)  
表2. 出生体重別症例数(560例)
出生時体重(g) 症例数(%)
~1000 未満 1( 0.2%)
1000~1500未満 9( 1.6%)
1500~2000未満 11( 2.0%)
2000~2500未満 63( 11.3%)
2500~4000未満 471(84.1%)
4000~ 5( 0.9%)

婦人科部門

手術室での手術症例数は338例で、昨年度の316例より22例増加しました。鏡視下手術が著しく増加し、腹腔鏡手術が133例(昨年度 75例)、子宮鏡手術が38例(昨年度 20例)で昨年度より倍増しています。悪性腫瘍の手術症例数 は25例(昨年度34例)でありやや減少しています。内訳は子宮頸部浸潤癌 4例、子宮体癌 10例、卵巣癌 10 例でもう少し伸ばしたいところです。

表3. 婦人科の術式および手術件数(338例)
術式 症例数
子宮頸部浸潤癌(広汎、準広汎) 4
子宮体癌根治術 10
卵巣癌根治術 11
腹腔鏡下手術 133
子宮鏡下手術 38
その他 142

外来医師担当表

曜日 午前 午後
  予約外来
大和田 倫孝
柿沼 敏行
坂本 優香
齋藤 こよみ
 
大和田 倫孝
田中 宏一
坂本 優香
担当医
(第1・3週)
伊東 孝晃
(第2・4週)
予約のみ
大和田 倫孝
担当医

予約のみ
《1ヵ月健診》
伊東 孝晃
 
井原 基公
伊東 孝晃
柿沼 薫
齋藤 こよみ
 
大和田 倫孝
柿沼 敏行
坂本 優香
(第1・3・5週)
松田 義雄
(第1・3・5週)
井原 基公
(第2・4週)
担当医
(第2・4週)
  《遺伝外来》
柿沼 敏行
田中 宏一
井原 基公
伊東 孝晃
柿沼 薫
担当医
 
 
ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問合せはこちら