診療科のご案内

糖尿病内分泌代謝科

ご挨拶

当科は糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、肥満症などの代謝疾患とともに、甲状腺や副腎などの内分泌疾患について、常勤医3名(日本糖尿病学会専門医・指導医2名、日本糖尿病学会専門医1名、日本内分泌学会専門医・指導医2名、日本肥満学会専門医・指導医1名)、非常勤医3名の体制で専門的な診療を提供しています。

血糖値が高いと診断された方や動脈硬化が心配だという方、甲状腺の腫れが心配だという方などは、お気軽にお越しください。

糖尿病の治療では、栄養指導と平行しながら、患者さんの状態に応じて最新の糖尿病治療薬を糖尿病専門医が決定いたします。さらに、1型糖尿病など血糖コントロールが困難な方には先進的な在宅インスリンポンプ療法(CSII)の導入も開始しています。

また、昨年6月から糖尿病教室と糖尿病教育入院を行っています。新たに糖尿病と診断された方、糖尿病についてもっと知りたい方は、是非ご参加下さい。

診療内容

月曜から金曜日までの午前・午後、および土曜日の午前に外来診療を行っています。糖尿病教育に関しては、月に2回、土曜日午後の糖尿病教室と週末の3泊4日を基本とした糖尿病教育入院を行っています。その他に、精査・加療のための入院診療を随時行っています。

当科では、主に以下のような患者様を対象に診療を行っています。

  1. 1型糖尿病
  2. 2型糖尿病
  3. 妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠
  4. 肥満症・メタボリックシンドローム
  5. 高脂血症(脂質異常症)
  6. 痛風・高尿酸血症
  7. バセドウ病・甲状腺機能亢進症
  8. 橋本病・無痛性甲状腺炎・甲状腺機能低下症
  9. 亜急性甲状腺炎・急性化膿性甲状腺炎
  10. 甲状腺腫瘍(良性・悪性)
  11. クッシング症候群・クッシング病
  12. 原発性アルドステロン症・褐色細胞腫
  13. アジソン病・副腎機能低下症
  14. 副甲状腺機能亢進症・副甲状腺機能低下症
  15. 先端肥大症
  16. 汎下垂体機能低下症
  17. 下垂体ホルモン単独欠損症
  18. プロラクチノーマ・乳汁漏出症候群
  19. 尿崩症
  20. 不適切抗利尿ホルモン分泌症候群(SIADH)・低Na血症

診療実績【2016年度】

診療科 治療内容 合計
糖尿病
内分泌代謝科
1型糖尿病 71
2型糖尿病・糖尿病 1,913
妊娠糖尿病 78
脂質異常症 1,263
高尿酸血症 369
バセドウ病 111
甲状腺機能亢進症 120
橋本病 55
甲状腺機能低下症 147
甲状腺炎 86
甲状腺腫 126
甲状腺腫瘍 31
原発性アルドステロン症 4
クッシング症候群 5
クッシング病 1
尿崩症 9
プロラクチノーマ 3
下垂体機能低下症 11
4,403

外来医師担当表

曜日 午前 午後
(第1・3・5週)
粟田卓也
岡田 耕治
岡田 耕治
粟田 卓也
石川 三衛
粟田 卓也
粟田 卓也
金子 松五
粟田 卓也
金子 松五
石川 三衛
保川 信行
保川 信行
石川 三衛
岡田 耕治
石川 三衛
岡田 耕治
金子 松五
【特記事項】

※かかりつけ以外の内科疾患は一般内科の受診となります。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問合せはこちら