診療科のご案内

小児外科

ご挨拶

国際医療福祉大学病院小児外科のホームページを訪問していただきましてありがとうございます。小児外科の渕本です。

当科は、日本小児外科学会認定指導医・専門医が担当する県北唯一の施設です。新生児からおよそ15歳までの小児を対象としており、加えて16歳以上で小児外科に関連した病気や、小児期から診療を継続している患者さんの診療も行います。さらに、重症心身障害児者や精神発達障害児者に対する検査やQOLの向上を目指した手術を行なっています。対象疾患は、鼠径ヘルニア(脱腸)・臍ヘルニア(でべそ)・虫垂炎 (盲腸) などの一般的な外科疾患はもちろん、泌尿器疾患(停留精巣・陰嚢水腫・包茎・尿道下裂など)、胸部疾患 (漏斗胸、嚢胞性肺疾患、気胸など)やときには婦人科疾患(卵巣腫瘍など)に対し治療を行います。当院は新生児集中治療室 (NICU) を完備しており、新生児専門医と協力し新生児外科疾患にも広く対応しております。
小児科をはじめ、各科の医師との連携も非常にスムースで、子どもの病気をトータルで診ることができるシステムが構築されています。

治療には、体にかかる負担をより小さく、手術創もより小さくするような「低侵襲治療」を実践するため、腹腔鏡手術を積極的に行っており、日々新しい知見を取り入れ、常に最善の治療を目指し、「患者様に信頼される小児外科チーム」になるように努力しております。

24時間・365日対応の診療を掲げており、近隣小児科との連携を密にし、夜間・休日を問わず迅速に対応するよう心がけております。どんな些細なことでも構いませんので、お気軽に連絡して下さい。

対応疾患

よくみられる疾患

鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、陰嚢水腫、精索水腫、停留精巣、移動性精巣、急性虫垂炎、腸重積、肥厚性幽門狭窄症、肛門周囲膿瘍、皮下腫瘍、異物誤飲など

新生児によくみられる疾患

先天性食道閉鎖症、先天性横隔膜ヘルニア、横隔膜弛緩症、先天性十二指腸閉鎖・狭窄、先天性小腸閉鎖症、腸回転異常症、新生児胃破裂、鎖肛、ヒルシュスプルング病、壊死性腸炎、胎便性腹膜炎、総排泄腔異常症、腹壁破裂、臍帯ヘルニア、胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、臍腸瘻、仙尾部奇形腫、分娩外傷など

乳児期以降によくみられる疾患

先天性食道狭窄症、先天性嚢胞性肺疾患、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシア、肥厚性幽門狭窄症、胃食道逆流症、胃軸捻転、腸重積、急性虫垂炎、メッケル憩室、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ、ヒルシュスプルング病類縁疾患、消化管重複症、肛門周囲膿瘍、直腸粘膜脱、イレウス、胆石症、先天性気管狭窄症、声門下腔狭窄症、先天性肺嚢胞性疾患、気胸、漏斗胸、門脈圧亢進症、食道静脈瘤、毛巣洞、陰唇癒合、子宮膣瘤膿腫、膣ポリープ、精巣静脈瘤、精巣捻転症、包茎、尿膜管遺残症、尿道下裂、膣外傷、精巣外傷、外傷性肝損傷、外傷性脾損傷、外傷性消化管損傷、外傷性膵損傷、仮性膵嚢胞、気管異物、消化管異物、正中頚嚢胞、側頚嚢胞・瘻、下咽頭梨状窩瘻、先天性耳前痔瘻孔、副耳、上唇小帯、舌小帯短縮症など

小児腫瘍

神経芽腫、Wilms腫瘍、肝芽腫、奇形腫、卵巣悪性腫瘍、精巣悪性腫瘍、横紋筋肉腫、リンパ管腫、血管腫、膵嚢胞性腫瘍、卵巣嚢腫、乳腺腫瘍など

よくみられる疾患に対する当科での具体的な取り組み例を以下に提示します

1. 鼠径ヘルニア
お腹の中にある臓器 (小腸、大腸、大網という膜、女児であれば卵巣、卵管) が飛び出してきて、鼠径部や陰嚢部の膨隆 (ふくらむこと) が繰り返しみられる病気です。こどもの1~5 %に発生するといわれています。生後6ヶ月を過ぎると自然治癒する可能性が少なく、また6ヶ月未満でも嵌頓 (脱出した臓器がはまり込み、なかなか戻らない状態) の危険性があることから診断され次第、手術を行うことを原則とします。

当科では、従来の手術方法に加え、主に女児に対しては腹腔鏡手術も行っています。従来の手術法でも、創は1.5cm程度と非常に小さく、あまり目立ちません。腹腔鏡手術の創は数mm程度とさらに小さく、術後は創がわからなくなるほど目立たなくなります。

鼠径ヘルニア 従来手術後創部

鼠径ヘルニア 腹腔鏡手術画像 1

鼠径ヘルニア 腹腔鏡手術画像 2

鼠径ヘルニア 腹腔鏡手術後創部
2. 臍ヘルニア
生まれて間もない時期にはまだおへその真下の筋肉が完全に閉じていないために、泣いたりいきんだりしてお腹に圧力が加わった時に、筋肉のすきまから腸が飛び出してきて、へそがとびだしてくる状態を臍ヘルニアと呼びます。こどもの5~10人に1人の割合でみられるといわれています。

1~2歳までに何もしなくても80-90 %が自然治癒するといわれていますが、治癒しない場合や皮膚がゆるんでへそが飛び出したままになっている場合は手術治療が必要となります。当科では、へそに小ガーゼ球を挿入して絆創膏固定を行う圧迫療法を推奨しています。この治療により、自然経過よりも短期間に、90 %以上での治癒が期待でき、皮膚のゆるみも少なくする効果があるといわれています。

臍ヘルニア 圧迫療法前

臍ヘルニア 圧迫療法後
3. 急性虫垂炎
大腸の一番口側にある盲腸の先についている虫垂突起に感染を起こした状態です。2, 3歳ごろから見られるようになり、小・中学生に多い病気です。 この病気は右下腹の痛みが起きることでよく知られていますが、程度によって症状は様々です。

抗生剤の点滴のみによる治療もありますが、最終的に手術が必要になることが多いです。当科では、お腹に小さい孔を数カ所あける腹腔鏡手術を積極的に行っており、症例をみて臍の創のみで手術を行う単孔式腹腔鏡手術も行っています。

虫垂炎 腹腔鏡手術後創部

虫垂炎 単孔式腹腔鏡手術後創部 1

虫垂炎 単孔式腹腔鏡手術後創部 2

専門性の高い疾患

小児外科部長の渕本は本邦の中核小児病院である東京都立小児医療総合センター、国立成育医療研究センターならびに慶應義塾大学に長年勤務していました。特に新生児外科疾患(先天性食道閉鎖症、腸閉鎖症、横隔膜ヘルニア、腹壁破裂)、小児呼吸器外科(先天性肺嚢胞、肺切除)総胆管拡張症、胆道閉鎖症(肝移植も含めて)、直腸肛門奇形(鎖肛)、ヒルシュスプリング病の手術経験数が多く、得意としています。このような専門性の高い小児外科疾患においては東京都立小児医療総合センター、国立成育医療研究センター、慶應義塾大学と現在も密に連携し、臨床ならびに研究を行っています。また小児泌尿器疾患は自治医科大学小児泌尿器科(中井教授)と連携し治療を行っています。
現在、部長の渕本は慶應義塾大学小児外科特任教授、国立成育医療研究センター非常勤医師を兼任しています。

業績

Ⅰ. 欧文原著論文: 査読あり
※Two authors contributed equally to this work. No.3,4,5,9.

  1. Fuchimoto Y, Yamada K, Shimizu A, Yasumoto A, Sawada T, Huang CH, Sachs DH. Relationship between chimerism and tolerance in a kidney transplantation model. J Immunol: 15; 162(10): 5704-11, 1999.
  2. Fuchimoto Y, Huang C, Shimizu A, Seebach J, Arn S, Sachs DH. An allelic non-histocompatibility antigen with wide tissue distribution as a marker for chimerism in pigs. Tissue Antigens: 54(1): 43-52, 1999.
  3. Huang CA∗, Fuchimoto Y∗, Scheier-Dolberg R, Murphy MC, Neville DM Jr, Sachs DH. Stable mixed chimerism and tolerance using a nonmyeloablative preparative regimen in a large-animal model. J Clin Invest: 105(2): 173-81, 2000.
  4. Fuchimoto Y∗, Huang CA∗, Yamada K, Shimizu A, Kitamura H, Colvin RB, Ferrara V, Murphy MC, Sykes M, White-Scharf M, Neville DM Jr, Sachs DH. Mixed chimerism and tolerance without whole body irradiation in a large animal model. J Clin Invest: 105(12): 1779-89, 2000.
  5. Huang CA∗, Fuchimoto Y∗, Gleit ZL, Ericsson T, Griesemer A, Scheier-Dolberg R,Melendy E, Kitamura H, Fishman JA, Ferry JA, Harris NL, Patience C, Sachs DH. Posttransplantation lymphoproliferative disease in miniature swine after allogeneic hematopoietic cell transplantation: similarity to human PTLD and association with a porcine gammaherpesvirus. Blood: 1; 97(5): 1467-73, 2001.
  6. Fuchimoto Y, Huang CA, Yamada K, Gleit ZL, Kitamura H, Griesemer A, Scheier-Dolberg R, Melendy E, White-Scharf ME, Sachs DH. Induction of kidney allograft tolerance through mixed chimerism in miniature swine. Transplant Proc: 33(1-2): 77, 2001.
  7. Fuchimoto Y, Huang CA, Gleit ZL, Kitamura H, Griesemer A, Melendy E, Scheier-Dolberg R, White-Scharf ME, Sachs DH. Mixed chimerism using a nonmyelosuppressive regimen in miniature swine. Transplant Proc: 33(1-2): 118-9, 2001.
  8. Fuchimoto Y, Gleit ZL, Huang CA, Kitamura H, Schwarze ML, Menard MT, Mawulawde K, Madsen JC, Sachs DH. Skin-specific alloantigens in miniature swine. Transplantation: 15; 72(1): 122-6, 2001.
  9. Gleit ZL∗, Fuchimoto Y∗, Yamada K, Melendy E, Scheier-Dolberg R, Monajati L,Coburn RC, Neville DM Jr, Sachs DH, Huang CA. Variable relationship between chimerism and tolerance after hematopoietic cell transplantation without myelosuppressive conditioning. Transplantation: 15; 74(11): 1535-44, 2002.
  10. Fuchimoto Y, Mori M, Takasato F, Tomita H, Yamamoto Y, Shimojima N, Hoshino K, Koinuma G, Morikawa Y. A long-term survival case of tracheal agenesis: management for tracheoesophageal fistula and esophageal reconstruction. Pediatr Surg Int: 27(1): 103-6, 2011.
  11. Fuchimoto Y, Tomita H, Takasato F, Yamamoto Y, Mori M, Shimojima N, Hoshino K, Hokuto I, Ikeda K, Morikawa Y. Survival of a congenital ileal atresia infant weighing 359 g at birth after laparotomy. Pediatr Int: 53(1): 127-8, 2011.
  12. Fuchimoto Y, Morikawa N, Kuroda T, Hirobe S, Kamagata S, Kumagai M, Matsuoka K, Morikawa Y. Vincristine, actinomycin D, cyclophosphamide chemotherapy resolves Kasabach-Merritt Syndrome resistant to conventional therapies. Pediatr Int: 54(2): 285-7, 2012.
  13. Saito T, Ishido K, Kudo D, Kimura N, Wakiya T, Nakayama Y, Hakamada K. Combination therapy with gemcitabine and nab-paclitaxel for locally advanced unresectable pancreatic cancer. Mol Clin Onco: 6(6): 963-967, 2017.
  14. Saito T, Mizukami H, Umetsu S, Uchida C, Inaba W, Abe M, Takahashi K, Kudo K, Itabashi C, Yagihashi S, Hakamada K. Worsened outcome in patients with pancreatic ductal carcinoma on long-term diabetes: association with E-cadherin1 (CDH1) promoter methylation. Sci Rep: 22; 7(1): 18056, 2017.
  15. Fukui K, Takase N, Miyake T, Hisano K, Maeda E, Nishimura T, Abe K, Kozuki A, Tanaka T, Harada N, Takamatsu M, Kaneda K. Review of the literature laparoscopic surgery for metastatic hepatic leiomyosarcoma associated with smooth muscle tumor of uncertain malignant potential: Case report. World J Hepatol: 10(4): 402-408, 2018.
  16. Fuchimoto Y, Watanabe T, Fujino A, Kanamori Y, Itoh Y, Wada S, Sago H, Yoshioka T. Predictors of early lobectomy after birth in prenatally diagnosed congenital pulmonary airway malformation. J Pediatr Surg: S0022-3468(18)30531-1, 2018 [Epub ahead of print].

Ⅱ. 邦文原著論文、総説

  1. 渕本康史, 遠藤昌夫, 渡辺宏治: 栄養障害と内分泌異常 胆道閉鎖症術後患児のステロイドホルモンの動態. 小児外科26(2): 184-190, 1994.
  2. 渕本康史: MGHミニブタにおける低侵襲前処置によるmixed chimerismの確立とドナー特異的免疫寛容の誘導. 今日の移植13(4): 319-326, 2000.
  3. 渕本康史, 鎌形正一郎, 広部誠一, 吉田光宏, 鳥飼源史, 東間未来, 玉田一敬, 林奐:気道閉塞をきたした魚骨による咽後膿瘍の1例. 日小外会誌42(4): 486-490, 2006.
  4. 渕本康史: Mixed chimerismによる免疫寛容誘導-大動物における前臨床研究と臨床応用. 今日の移植 25(4): 301-308, 2012.
  5. 渕本康史: 【ここまで来た小児小腸移植】 免疫抑制戦略の未来像. 小児外科 45(7): 783-788, 2013.
  6. 渕本康史: 周産期麻酔領域の教育とトレーニング 新生児外科教育と周産期麻酔への要望. 日周産期・新生児学誌 50(1): 160-163, 2014.
  7. 齋藤傑, 山田恭吾, 小笠原紘志, 中山義人, 松浦修, 橋爪正: 鼠径部痛で発症したNuck管水腫の1例. 臨床外科 69(10): 1259-1262, 2014.
  8. 齋藤傑, 諸橋 一, 長谷部 達也, 坂本 義之, 小山 基, 村田 暁彦, 袴田 健一: 大腸癌肺転移に対する定位放射線照射(SRT)の検討. 癌と化学療法 41 (12): 1462-1464, 2014.
  9. 渕本康史: 外科的多発奇形に対する治療戦略 外科的多発奇形を合併する先天性食道閉鎖症の治療戦略. 日周産期・新生児会誌 51(1): 97-99, 2015.
  10. 渕本康史: 【素朴な疑問:私ならこう考える】 胆道閉鎖症の診断、十二指腸液検査は必須か. 小児外科 47(10): 1045-1049, 2015.
  11. 渕本康史: 【先天性横隔膜ヘルニア最新の治療と今後の課題】 最重症例に対するパッチ閉鎖手術の工夫. 小児外科 48(5) 489-493, 2016.
  12. 渕本康史: 【小児外科領域の先端的医療の展開(II): 先端治療開発の方向性】 食道シート. 小児外科 49(6): 561-566, 2017.
  13. 齋藤傑, 須貝道博, 石戸圭之輔, 小林完, 木村俊郎, 鍵谷卓司, 吉田達哉, 佐藤健太郎, 袴田 健一: 傍咽頭間隙に異所性グリア組織を認めた新生児の1例. 日小外会誌 53(5): 1059-1063, 2017.
  14. 渕本康史: 【新生児外科-最近の話題】 新生児呼吸器外科. 小児外科 50(6): 637-642, 2018.
  15. 渕本康史: 同種脱細胞気管を用いた気道再建成長期のブタを用いた非臨床研究から. 日小児呼吸器会誌 29(1): 71-77, 2018.

Ⅲ. 学会発表 (国際) 2017-2018

Ⅳ. 学会発表 (国内) 2017-2018

  1. 渕本康史, 大野通暢, 絵野沢伸, 古村眞, 山岡哲二, 黒田達夫: ブタを用いた気管再生の前臨床研究. 第28回日本小児呼吸器外科研究会, 川崎, 2017.10.
  2. 渕本康史: 同種脱細胞気管を用いた気道再建 ブタを用いた非臨床研究から. 第50回日本小児呼吸器学会, 東京, 2017.11.
  3. 渕本康史, 大野通暢, 絵野沢伸, 古村眞, 山岡哲二, 黒田達夫: 同種脱細胞気管を用いた気道再建 ブタを用いた非臨床研究から. 第118回日本外科学会定期学術集会, 東京, 2018.4.
  4. 渕本康史, 清水隆弘, 大喜多肇, 黒田達夫: 基礎研究から得られた転移性小児固形腫瘍の治療に関しての一考察. 第55回日本小児外科学会総会, 新潟, 2018.5.
  5. 渕本康史, 藤野明浩, 金井信雄, 大野通暢, 絵野澤伸, 山岡哲二, 黒田達夫, 梅澤明弘: 体性幹細胞を利用した「食道粘膜シート」治療ならびに多能性幹細胞(ES細胞)から作成した「気管再生」治療. 第55回日本小児外科学会総会, 新潟, 2018.5.
  6. 福井慶介, 齋藤傑, 森川康英, 渕本康史: 喉頭気管分離術後にSMA症候群による急性膵炎を来した1例. 栃木小児外科学会, 宇都宮, 2018.9.
  7. 齋藤傑, 福井慶介, 森川康英, 渕本康史: 人工肛門造設を要した幼児Hirschsprung病の1例. 第53回日本小児外科学会関東甲信越地方会, 東京, 2018.10.
  8. 福井慶介, 齋藤傑, 森川康英, 渕本康史: 肛門粘膜脱に対して直腸と括約筋の間に介在する脂肪組織を切除して肛門形成術を行った高位鎖肛例. 第38回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会, 東京, 2018.10.

外来、入院統計

2018年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計 月平均
外来延べ患者数 142 139 139 172 180 157 147 153 172 159 120 251 1,931 160.9
入院延べ患者数 106 105 86 138 117 71 92 107 113 63 59 67 1,124 93.7

手術実績

2018年度
部位 疾患名、手術、検査 合計
頭部、頸部、胸部 正中頸嚢胞 (甲状舌管嚢胞) 摘出術 1 0 1
耳前瘻孔摘出術 1 2 3
梨状窩瘻切除術 1 0 1
喉頭気管分離術 1 0 1
副耳切除術 1 0 1
気管支鏡検査, 肉芽焼灼 7 2 9
胸腔鏡下肺嚢胞切除術 3 0 3
漏斗胸 Nuss手術 1 0 1
消化管 幽門筋層切開術 1 0 1
腹腔鏡下噴門形成術 1 1 2
腹腔鏡補助下胃瘻造設術 3 1 4
内視鏡的異物除去術 2 0 2
虫垂炎 (開腹下虫垂切除術) 2 1 3
虫垂炎 (腹腔鏡下虫垂切除術) 5 6 11
虫垂炎 (腹腔鏡下虫垂切除術 単孔式) 3 3 6
腸閉塞 (開腹下癒着剥離術) 1 0 1
腸閉塞 (腹腔鏡下癒着剥離術) 2 0 2
腸閉塞 (回盲部切除術) 1 0 1
メッケル憩室切除術 2 0 2
腸重積症 (小腸部分切除術) 3 0 3
腹腔鏡補助下Hirschsprung病根治術 1 0 1
Hirschsprung術後 (人工肛門閉鎖術) 1 0 1
直腸膀胱瘻 (S状結腸瘻造設術) 1 0 1
痔瘻根治術 4 0 4
鎖肛術後 肛門粘膜脱 (肛門形成術) 2 0 2
審査腹腔鏡検査 2 0 2
上部消化管内視鏡検査 10 1 11
下部消化管内視鏡検査 3 1 4
肝生検 1 0 1
直腸粘膜生検 1 1 2
直腸肛門内圧検査 1 1 2
腹壁 白腺ヘルニア根治術 0 1 1
腹壁瘢痕ヘルニア根治術 0 1 1
臍ヘルニア根治術 5 9 14
臍形成術 4 0 4
鼠径ヘルニア類縁疾患 鼠径ヘルニア根治術 21 4 25
腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術 (LPEC) 0 8 8
陰嚢水腫根治術 13 0 13
泌尿生殖系疾患 停留精巣固定術 21 0 21
直腸膀胱瘻 (膀胱瘻造設術) 1 0 1
包茎手術 3 0 3
腫瘤および腫瘍 皮膚・皮下腫瘤摘出術 1 2 3
リンパ管腫 (硬化療法) 1 0 1
腸間膜リンパ管腫 (小腸部分切除術) 1 0 1
切開排膿・ドレナージ術 1 0 1
肛門腫瘍切除術 1 0 1
リンパ節生検 1 1 2
143 46 189
2017年度
部位 疾患名、手術、検査 合計
頭部、頸部、胸部 正中頸嚢胞 (甲状舌管嚢胞) 摘出術 1 0 1
耳前瘻孔摘出術 0 1 1
気管支鏡検査, 肉芽焼灼 6 0 6
副耳切除術 1 0 1
消化管 内視鏡下胃瘻造設 1 0 1
腹腔鏡下噴門形成術 0 1 1
虫垂炎 (経直腸的膿瘍ドレナージ) 1 0 1
虫垂炎 (腹腔鏡下虫垂切除術) 4 3 7
腸閉塞 (開腹下癒着剥離術) 1 0 1
腸閉塞 (小腸部分切除術) 1 0 1
メッケル憩室切除術 1 0 1
腹腔鏡補助下鎖肛根治術 2 0 2
鎖肛術後 (人工肛門閉鎖術) 2 0 2
Hirschsprung病 (人工肛門造設術) 1 0 1
痔瘻手術 (setonドレナージ) 0 1 1
肛門粘膜脱根治術 (Gant-三輪法) 1 0 1
直腸異物摘出術 1 0 1
上部消化管内視鏡検査 0 1 1
下部消化管内視鏡検査 0 1 1
直腸粘膜生検 1 0 1
腹壁 白腺ヘルニア根治術 0 1 1
臍ヘルニア根治術 2 3 5
鼠径ヘルニア類縁疾患 鼠径ヘルニア根治術 19 20 39
陰嚢水腫根治術 5 0 5
泌尿生殖系疾患 停留精巣固定術 15 0 15
腫瘤および腫瘍 皮膚・皮下腫瘤摘出 1 1 2
リンパ管腫 (硬化療法) 1 0 1
外尿道口腫瘍摘出術 1 0 1
リンパ節生検 0 2 2
その他 下腿創内異物除去術 1 0 1
70 35 105
2016年度
部位 疾患名、手術、検査 合計
頭部、頸部、胸部 正中頸嚢胞 (甲状舌管嚢胞) 摘出術 0 1 1
胸腔ドレナージ 1 0 1
気管切開術 1 0 1
気管支鏡検査, 肉芽焼灼 5 0 5
副耳切除術 1 0 1
消化管 内視鏡下胃瘻造設 0 1 1
肥厚性幽門狭窄症 (粘膜外幽門筋切除) 0 1 1
虫垂炎 (開腹虫垂切除術) 1 0 1
虫垂炎 (腹腔鏡下虫垂切除術) 0 2 2
先天性胆道拡張症 (分流手術) 0 1 1
腸閉塞 (腹腔鏡下癒着剥離術) 1 0 1
腸回転異常症 (Ladd手術) 1 0 1
高位鎖肛 (人工肛門造設術) 2 0 2
上部消化管内視鏡検査 3 0 3
下部消化管内視鏡検査 2 0 2
直腸内圧検査 1 1 2
肝生検 1 1 2
腹壁 白腺ヘルニア根治術 0 1 1
臍ヘルニア根治術 4 2 6
尿膜管摘出術 3 0 3
鼠径ヘルニア類縁疾患 鼠径ヘルニア根治術 18 22 40
精索水瘤根治術 5 0 5
泌尿生殖系疾患 停留精巣固定術 14 0 14
包茎手術 2 0 2
尿道下裂形成術 1 0 1
腫瘤および腫瘍 皮膚・皮下腫瘤摘出 1 1 2
リンパ管腫 (硬化療法) 2 0 2
リンパ管腫 (摘出術) 0 1 1
頸部リンパ節摘出術 1 0 1
縦隔腫瘍生検 0 1 1
その他 CVカテーテル留置 0 1 1
  71 37 108
    

手術件数 推移

年度 手術件数
2016 108
2017 105
2018 189
手術件数 推移

※横にスクロールしてご覧いただけます。

  

外来医師担当表

曜日 午前 午後
渕本 康史
渕本 康史
担当医
渕本 康史 森川 康英
担当医
担当医
ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問合せはこちら