診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 薬剤部

  • 診療科のご紹介
  • フロアマップ

薬剤部

薬剤部より

当院はほぼ100%院内調剤を行っております。また、病棟では薬剤管理指導業務、病棟業務、カンファレンス参加等でチーム医療を実践し、患者様によりよい医療を提供できるよう日々業務に励んでいます。

薬剤部構成

薬剤師:26名  事務職員:3名

業務内容

■ 調剤
電子カルテシステムを導入し、外来・入院処方に関して内容を確認のうえ、調剤を行います。
散剤については薬品ごとにバーコードを設置し、調剤時の取り違えを防止するシステムを導入しています。医師の指示に応じて、全自動分包機を用いて一包化調剤も行っています。

■ 注射
アンプルピッカーを導入し、電子カルテから翌日分の処方箋を発行し、患者様ごとにセットして病棟に払い出しています。

■ 製剤
治療に有効でも市販されていない薬剤を院内専用の特殊製剤として作成し、患者様の治療に貢献しています。無菌的な操作が必要な製剤はクリーンベンチを使用しています。

■ 化学療法
抗がん剤の治療を受けている患者様に対し、がん薬物療法認定薬剤師を中心に抗がん剤の投与計画のチェックや、無菌調製にまで関与し、またベッドサイドにて抗がん剤投与中の患者様の状態を確認し、安全に治療が受けられるようサポートしています。

■ 病棟業務
薬剤管理指導業務:入院患者様にベッドサイドでお薬の説明を行っています。お薬の正しい使い方や効果・副作用について情報提供し、また副作用が出ていないかの確認を行い、お薬の飲み合わせに問題はないか(相互作用)等をチェックしています。
【各種チーム医療参加】 ICTラウンド、NSTラウンド、脳神経外科カンファレンス、腎泌尿器外科回診、神経内科回診、血管外科カンファレンスなど

■ 治験管理
治験管理室と連携し、薬剤部では治験薬の管理と調剤を行っています。

■ 実習生受け入れ
治験管理室と連携し、薬剤部では治験薬の管理と調剤を行っています。
薬学部5年生を対象に、2か月半の長期実務実習を行っています。コアカリキュラムに従い、薬剤部で行う主な業務内容について体験します。
【実習内容】薬剤業務、医師による各科業務講義、看護部講義、他部署見学、病理解剖見学、製薬メーカー工場見学など

■ 持参薬鑑別
入院時、患者様に現在服用中のすべての薬剤を薬剤部窓口にご持参いただき、薬剤師が患者様やご家族から服薬に関する情報を得て電子カルテに入力し、問題なく入院中の薬物療法が行えるよう医師や関連職種と情報を共有します。

■ DI業務
院内各部署からの薬剤に関係する各種問い合わせに対応するとともに、薬剤に関する最新の情報を院内の医療従事者に発信します。

取得資格
資格 人数
認定実務実習指導薬剤師(日本病院薬剤師研修センター) 1名
日本病院薬剤師会認定薬剤師  5名
がん薬物療法認定薬剤師  1名
日本糖尿病療養指導士 2名
日本薬剤師研修センター・漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
国際医療福祉大学薬学部大学院

社会人大学院生として、薬剤部で仕事をしながら大学院に通学できる環境を整えています。これまで3名が仕事と両立しながら大学院を卒業した実績があり、現在も2名が働きながら通学しています。

PAGE TOP