診療科のご案内

小児科

医療関係者の皆様へ

論文 井上俊先生の肢端紅痛症の論文がアクセプトされました。

井上俊、小倉一輝、武田昭、俣野美雪、小太刀豪、沼崎啓、郡司勇治、高橋和郎、山岸佑也、森本哲、山形崇倫、門田行史, 早期のステロイド治療が有効と考えられた肢端紅痛症の小児例, 小児科臨床(2019年12月受理)

論文 日英共同研究・自閉スペクトラム症の脳機能研究論文がアクセプトされました。

Hanley, M., Riby, DM.*., Derges, M-J., Douligeri, A., Philyaw, Z., Ikeda, T., Monden, Y., Shimoizumi, H., Yamagata, T.,Hirai, M. Does culture shape face perception in autism? Cross-cultural evidence of the own-race advantage from the UK and Japan, Developmental Science IF:4.096 (2019 Dec, accept)

論文 日立製作所・中央大学・自治医大との共同研究結果が論文アクセプトされました。

Sutoko S*, Monden Y, Tokuda T, Ikeda T, Nagashima M, Funane T, Atsumori H, Kiguchi M, Maki A, Yamagata T, Dan I Atypical dynamic-connectivity recruitment in attention-deficit/hyperactivity disorder children: An insight into task-based dynamic connectivity through an fNIRS study Journal: Frontiers in Human Neuroscience IF: 2.871 (2020 Jan, accept) 

発達障害研究の論文がアクセプトされました。
日立製作所・中央大学との共同研究です。

Sutoko S, Monden Y, Tokuda T, Ikeda T, Nagashima M, Kiguchi M, Maki A, Yamagata T, Dan I. Exploring attentive task-based connectivity for screening attention-deficit/hyperactivity disorder children: An fNIRS study
Neurophotonics IF 3.58 (2019 in press)

12月9日 院内の研修医向け小児科レクチャー

昼休み時間を利用して、小児科部長の門田先生から初期研修医向けレクチャーがありました。当日は、主に小児診療の初期対応についてレクチャー頂きました。門田先生は、御自身の経験や時事ネタを交えながら、小児と成人の違いや診察での注意点などをお話下さいました。1時間程度のレクチャーでしたが、受講者と質疑応答しながら参加形式で進んだ充実した講義でした。

門田行史 執筆 12月2日発売

分担執筆担当項目:ADHDを疑ったら
雑誌名:Gノート 2019年12月号 Vol.6 No.8実はあなたの得意分野!発達障害サポート
ISBN 978-4-7581-2342-6出版社:羊土社 

小児科部長・門田行史がシンポジウムで発表します。

シンポジウム22 光トポグラフィー(NIRS)の臨床応用
演題:NIRSを用いた小児発達障がい研究-疾病理解や治療効果判定ツールの確率をめざして-
日時:11月30日(土)10:40~12:10
会場:ザ・セレクトン福島
URL:http://www.c-linkage.co.jp/jscn2019/

小児科部長・門田行史の講演です。

NPO法人ゆめがくどう・共栄まつのみくらぶ 市民講演
演題:発達障がいの子育て支援
※親子相互交流療法PCITに基づく行動理論・トラウマケア、および、脳科学研究結果からひもとく発達障がいの病態について説明します。
日時:11月13日(水)9:30~11:30
場所:狩野公民館

当院小児科シニア研修医の井上 俊先生が栃木県小児地方会で発表しました。

2019年11月4日 日本小児科学会栃木地方会
演題名:早期のステロイド治療が有効だった肢端紅痛症の1例
井上先生から
『11月の栃木県地方会で学会発表をしてきました。発表に際しては、スライド作りや発表練習など、上級医の先生方から熱心にご指導頂き無事本番を迎えることが出来ました。今回の発表を通して、稀な疾患や様々な難治性疾患も、科全体(時に診療科の垣根を乗り越えて)で治療にあたり、学術面にも力を入れている当院の強みを改めて感じました。』

2019年9月12日に大阪で開催された、日本心理臨床学会第38回大会 のシンポジウムで小児科部長の門田行史が講演します。

シンポジウム名 「心理学における脳科学ー基礎と臨床をつなぐfNIRS研究」シンポジスト
内容:発達障がいに関する最新脳機能研究について当院の研究結果を踏まえて紹介します。

Japanese Psychological Research(日本心理学会)へ、責任著者である小児科部長門田行史が投稿した論文が優秀論文賞を受賞しました。

Hypoactivation of the Right Prefrontal Cortex Underlying Motor‐Related
Inhibitory Deficits in Children with Autism Spectrum Disorder: A Functional Near‐Infrared Spectroscopy Study. Japanese Psychological Research, 60, 251-264.2018
Ikeda T.*, Tokuda T.*, Monden Y., Hirai M., Mizushima S. G., Nagashima M., Kyutoku Y., Taniguchi T., Shimoizumi H., Dan I., Yamagata T. *equally contributed author
https://doi.org/10.1111/jpr.12204

研修医の声⑫

当院小児科では初期研修医だけでなく、後期研修医も募集中です。
(令和元年6月)
初期研修医(2年目)

国際医療福祉大学熱海病院研修医2年目の上斗米愛実です。
研修医2年目の6月の1ヶ月間を国際医療福祉大学病院小児科で研修させていただきました。
国際医療福祉大学病院の小児科は入院症例が豊富で、common diseaseから専門知識を必要とする珍しい症例まで様々な疾患を経験することができました。毎日の回診、カンファレンスでは問題点や疑問に思ったことを上級医の先生方に気軽に相談できる環境があり、大変勉強になりました。小児の採血やルート確保は毎日のように経験させていただき、自分自身で日々の上達を感じられました。
毎日の診療では、朝は病棟の回診から始まり、採血、カルテ記載、カンファレンス、新入院患者への対応、検査のオーダー、エコー検査やMRI検査の付き添い…等、1日が目まぐるしく過ぎていきました。新しく入院になった患者さんの入院時カルテの記載は研修医が行うため、新入院患者さんのご家族にお話を聞くことから始まり、全身の診察、採血所見や画像所見からプロブレムリストを挙げアセスメントをする、というトレーニングを繰り返し行いました。必ずすぐに先生方からフィードバックがあるため、不足していた点に気づかされ、次回の診療に生かすことができました。
小児科は患者本人からの訴えの聴取が難しく、ご家族に対する問診や正確に診察をする能力が求められます。毎日の回診時にも患者さんのちょっとした変化に気づかなければならず、洞察力が養われたように思います。また、患者さんやご家族の方だけではなく、学校の先生や地域の方々との環境調整なども経験でき、大変興味深く勉強になりました。 小児科当直は1ヶ月の間に3度経験させていただきました。初めての経験でしたが、同じような疾患を何度も経験するうちに、問診、診察、採血、ルート確保、ご家族への結果説明、入院適応の判断など、上級医の先生方のご指導の下、一連の診療の大部分をひとりで行えるようになるまで成長できました。熱海病院へ戻り通常の内科当直をした際、「全身を診て的確にアセスメントする」習慣がついている自分に気がつき、1ヶ月間のトレーニングの成果を実感できました。
1ヶ月間充実した研修を行うことができ、熱海からはるばる300kmかけて伺ってよかったです。優しくご指導頂きありがとうございました。

研修医の声⑪

当院小児科では初期研修医だけでなく、後期研修医も募集中です。
(平成31年3月)
初期研修医(1年目)

2ヶ月間の小児科研修を終えて
はじめまして。初期研修医1年目の小山田匠吾と申します。平成31年2-3月の2ヶ月間、小児科にて研修させていただきました。2ヶ月間はあっという間でしたが非常に多くのことを学ばせていただきました。その中から特に良かったことをご紹介いたします。
1つ目は論理性、根拠のあるアセスメントができるようになったことです。小児科研修を終えた研修医は皆口を揃えて「カルテが上手になった」と話します。入院患者全員の毎日のカルテや緊急入院時の初診のカルテの作成は研修医の仕事です。作成したカルテは上級医が必ずチェックをしてくれます。患者の病態を把握できていなかったりアセスメント不足だったりすると、その場で訂正してもらえます。すぐにフィードバックがあるおかげで、誰がみても分かる、論理性のあるカルテの書き方を身につけることができました。
2つ目は的確な情報収集とプレゼンテーションができるようになったことです。小児科では子供からよりも親から情報収集をすることが多く、特に救急の場面では限られた時間の中で必要な情報を収集する能力が求められます。また検査結果の説明や現時点でのアセスメント、今後の方針に関して必ず親に説明しなければなりません。わかりやすさも大切ですが、不足なく説明することも重要です。また毎朝のカンファレンスでのプレゼンや総回診でのベッドサイドプレゼンも研修医の仕事であり、短時間で要点を的確に伝えることが求められました。最初は慣れずに大変でしたが経験を重ねる毎に上達していきました。
この2ヶ月間、小児科医療に関する多くの事を学び、採血、ルート確保、カニューレ交換など多くの手技を経験することができました。上級医の先生、メディカルスタッフの皆様、ご指導いただき誠にありがとうございました。同期や後輩の先生にも当院小児科研修をおすすめしていきたいと思います。

研修医の声⑩

当院小児科では初期研修医だけでなく、後期研修医も募集中です。
(平成30年12月)
初期研修医(2年目)

みなさま、明けましておめでとうございます。
三田病院研修医2年目の鍵本昌孝と申します。平成30年12月の1ヶ月間、小児科をローテートさせていただきました。この度、小児科HPに文章を掲載する機会をいただきましたので、小児科研修を振り返って、教わったことの中でも特に感銘を受けた点を3点ほどご紹介いたします。(詳細な一日のスケジュールや経験できる疾患などはこれまでの研修医の声をご参照ください)

まず1つ目は、『論理性』です。
小児科研修では、小児採血、静脈路確保などの基本的手技から、カルテ記載、カンファでのプレゼンに至るまで、必ず上級医からfeed backをいただけました。
そのfeed backは一貫して論理性を重視する姿勢からきており、医師として重要な根拠、理由を明確に記述し、誰にでもわかるように説明すること、あるいはそのための考え方、を身につけることが出来ました。

2つ目は、『病棟医としての時間管理』です。
人間が最も集中力を発揮できる朝の時間帯に、その日の病棟業務を終わらせることを目標にすることで、外来や救急からの緊急入院の患者に備え、それら急性期疾患に注力する時間的余裕を作る、という姿勢を学びました。 予想外の病棟でのイベントや緊急入院が日常茶飯事の医療業界においては、仕事を早くすることで時間を作っていく姿勢は理に適っています。
無論、那須塩原の子供たちが平和であればその待機時間は文献検索や読書など、有意義な時間に当てることができます。仕事を早く終わらせることにはメリットしかありません。

3つ目は、『医療ミスを防ぐ方法』です。
ヒューマンエラーを防ぐ仕組みとして、処方・点滴など含め、研修医のする行動には必ず上級医のチェックがありました。また1日に1回は病棟医で方針確認を行い、患者状態の認識に乖離が起こらないようにも努めており、研修医にとっても大変有意義で働きやすい環境が作られていました。
これは自分が4月以降に後期研修医となり後進の指導にあたる際にも参考になる、非常に有用な手法でした。

纏めると、
・医師として必要な論理性
・医師としての時間管理
・医療ミスを起こさない、巻き込まれない仕組み
小児科研修においてこの3点が大変素晴らしく、グループ内の研修医のローテートはもちろん、小児科の後期研修先としても自信を持ってお勧めできる、大変魅力のある教育環境でした。ぜひ、今後の研修医の先生方にもローテートしていただければと思います。

最後に、丁寧にご指導いただいた小児科の先生方、および日常業務でお世話になったA3東小児病棟や外来スタッフの皆様に、この場を借りて深謝申し上げます。 平成最後の冬はもうしばらく続きますので、みなさま何卒ご自愛ください。それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。

研修医の声⑨

当院小児科では初期研修医だけでなく、後期研修医も募集中です。
(平成30年10月~11月)
初期研修医(1年目)

小児科には、10月の1か月間の予定でお世話になっております。小児科では、成人と関わる他の科とは異なる点がたくさんあり、日々多くのことを学ばせていただいております。子供だけでなく親との関わりがある点や、輸液が厳密な点や、出生や発達が重要な点などです。
国際医療福祉大学病院での指導は自分で考える力がつく指導であると思いました。カルテの記載に関する的確な指導や、何かをするときの明確な理由をこちらの能力の範囲内で求められます。また手技は積極的に参加させて頂けます。とても有難いことですが、ここで学んだことは医師全般の能力の向上に繋がっていると感じております。残り2週間の研修でさらに考える力をつけつつ、小児科スタッフの一員として貢献できればなと思っております。

研修医の声⑧

当院小児科では初期研修医だけでなく、後期研修医も募集中です。
(平成30年10月~11月)
初期研修医(2年目)

9月下旬、研修医の声⑦の同期から届いたメールに添付されていた「小児科申し送り」。そこには小児科での1週間の詳細な予定と、病棟での立ち振る舞い、手技の詳細など事細かに説明が書かれていた。いや、説明というより、秋田先生の情熱、熱意がこもっていた。「どうやら小児科はハイパーそうだぞ・・・覚悟して行かねば。」そう思った。
10月初旬、上級医である田中先生と倉根先生から受けたオリエンテーション「小児科の過ごし方」。その内容には、小児科での学ぶべき事柄(研修医の声⑦参照)と、1日の空いた時間での自主学習、それを発表する夕方のプレゼン(to Dr.TANAKA)などが含まれていた。「自主学習の発表!?き、き、聞いてないぞ秋田先生!」そう思った。(ちなみに1回目は要点を抑えられずボロボロ。リベンジ中)
さて、本題に入ろう。国際医療福祉大学病院の小児科で学べることは非常に多い。なぜなら、大学病院での厳粛な小児科医としての教育システムによって鍛え上げられた先生方の指導の下で学べるからだ。特に学べるのは、カルテの書き方、プレゼンの仕方で、その中でも求められるのは「論理性」「根拠」「医学的な用語の使い方」である。「大切なことはすべて小児科が教えてくれた」と言っても過言ではない。
さらに、ここの小児科での特徴は看護師さんの優しさである。小児科での採血は成人と違い、暴れるし、血管細いし、採り方も違う。研修医がやらせてもらえるところは少ないと聞くが、ここの看護師さんは非常に気立てが良く、協力的で手取り足取り教えて頂きながら上達できた。僕は手先が器用だが、上級医の先生方がやっているのを見て「さすがにこれは難しそうだ」と思い、びびっていた。しかし、そんな看護師さんたちの応援・協力もあっていまのところ全て成功している。いくら器用であっても、やはり周りの人の協力がなければ小児の採血一つできないのである。本当に感謝である。ありがとうございます。
さらにさらに、ここの小児科の良いところは、先生達が皆気さくで優しく、指導的であるということだ。日中は、適度な緊張感で仕事に集中できるし、空いた時間はやるべきことが自主学習であるので、夕方の発表に向けて自然と勉強する気持ちにもなる。さらに、お昼ご飯の時には近くの美味しいご飯屋さんの話や、最近あった出来事の話、入院してきた患者さんの疾患の話なども疑問があれば本当にすぐに聞けるし自分で調べるためのヒントも教えてくれる。小児科特有なのか、本当に気立ての良い先生方ばかりなのだ。開いていただいた歓迎会では、おしゃれなお店で楽しくご飯とお酒を楽しませていただき、最後には「小児科へようこそ」と書かれたケーキが出てきて(門田先生、倉根先生、小森先生ありがとうございます)、お世辞ではなく本当に「わぁ、これは粋だな、すごいな、感謝だな」と思った。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
総括すると、本当にここ数週間、充実した毎日を過ごせている。医師としてのスキルも上達しているし、知識も増えた。栃木も満喫できている。さらに、なんといっても小児・赤ちゃんは可愛い。助けたい、元気になってほしい、と強く思う。さらに元気になって退院していった時は本当に嬉しい。なので最後は小児科最高、の一言で締めさせていただきたい。(眼科より先に回っていたら小児科にしていたかもしれないと思っちゃうほど)小児科最高!

論文 発達障害研究の論文がアクセプトされました

国際医療福祉大学病院と自治医科大学の小児科の『門田研究室:http://ped-brain-lab.xii.jp/wp/』では、中央大学理工学部や日立製作所をはじめとする施設と産学・医工連携をすすめています。本研究は日立製作所が開発した技術となります。
Adaptive algorithm utilizing preset acceptance rate for eliminating noisy epochs in block-design fNIRS data: Application to study in attention deficit/hyperactivity disorder children. Stephanie Sutoko, Yukifumi Monden, Tsukasa Funane, Tatsuya Tokuda, Takusige Katura, Hiroki Sato, Masako Nagashima, Masashi Kiguchi, Atsushi Maki, Takanori Yamagata, and Ippeita Dan. Neurophotonics IF: 4.129

2018年9月7日(金)
2018年9月7日に埼玉県で開催された、第36回日本小児心身医学会

シンポジウム2:子どもと親のこころの脳科学
演題名:『脳とこころを視て"勘どころ"を理解するーがまん脳は鍛えないー』
講演:門田 行史 教授(国際医療福祉大学病院小児科部長)

2018年8月31日(金)
2018年8月31日に神戸で開催された、日本心理臨床学会第37回大会 大会委員会企画シンポジウム『この世界と赤ちゃんの出会いを支える心理臨床』

内容:栃木県北部で展開している産後ケアについて講演させて頂きました。パパ やママ、だけでなく、そして、子どもだけでなく、『家族まるごと』ケアできる産後ケアを作ってゆきたいと思います。
講演:門田 行史 教授(国際医療福祉大学病院小児科部長)

研修医の声⑦

(平成30年8月~9月)
初期研修医1年

小児科には、研修5ヶ月目である8月から2ヶ月の予定でお世話になっております。
小児科では成人に対する手技とは異なる手技があり、成人よりも薬剤投与量や点滴滴下速度を細かく設定する必要もあり、新しい経験が数多くありました。小児科特有の疾患がある一方で、疾患自体は成人にもあるものの対応が大きく異なる疾患もありました。こうした事柄を基本的なことから丁寧にご指導頂きました。
また、小児科は根拠を明確にすることに関して比較的厳しい科であると教わりました。実際、現状評価や行為・決定の根拠を明確にし、他の医療スタッフや患者家族に論理的に説明できるような思考が徹底されています。日々のカルテ作成から毎朝のプレゼンテーションに至るまで、根拠を明確にしながら論理的に考え、論理的に伝える練習の連続です。小児科学・小児医療の訓練になるだけでなく、医師に求められる思考方式や表現技術を大いに鍛えられていると感じております。
このように初歩から学ぶことが多々があり、特に最初の1週間は分からないことばかりでしたが、先生方をはじめ、外来・病棟のスタッフの皆様に暖かく支えて頂いております。お蔭様でできる手技は増え、前よりも筋の通ったアセスメントができるようになってきたと感じております。この場を借りて御礼申し上げると共に、残りの1ヶ月で更に実力を磨き、以降も夜間当直で技術・知識・思考力を磨く決意を新たにしております。

論文 発達障害研究の論文がアクセプトされました

Atypical neural modulation in the right prefrontal cortex in autism spectrum disorder revealed by functional near-infrared spectroscopy
Takahiro Ikeda, Masahiro Hirai, Takeshi Sakurada, Yukifumi Monden, Tatsuya Tokuda, Masako Nagashima, Hideo Shimoizumi, Ippeita Dan, and Takanori Yamagata
Neurophotonics (accepted) IF 4.1

2018年7月10日(火)中華圏web講演会

演題名 fNIRSを用いたADHD治療薬の効果可視化検証
こちらは、台湾、香港、中国の先生方に向けたweb講演会企画であり、約2000人の臨床家・研究者が視聴されました。
講演: 門田小児科部長

論文 発達障害研究の論文がアクセプトされました

Hypoactivation of the Right Prefrontal Cortex Underlying Motor Related Inhibitory Deficits in Children with Autism Spectrum Disorder

Authors: Ikeda T, Tokuda T, Monden Y , Hirai M, Mizushima S, Nagashima M, Kyutoku Y, Tanighichi T, Shimoizumi H, Dan I, Yamagata T Japanese Psychological Research 2018 (accepted) IF 0.531

論文 Basedow病の論文がアクセプトされました。

Basedow病の初期症状に、不注意の関与が考えられる学業成績の低下を認めた症例報告がアクセプトされました。

初期症状に学業成績の低下がみられた小児早期発症Basedow病の1例

若林 慶、水野晴夫、田中大輔、久保達也、高橋和郎、山岸裕和、渡辺浩史、下泉秀夫、山形崇倫、沼崎 啓、郡司勇司、門田行史

2018年6月9日・10日

場所:大宮ソニックシティ (埼玉県大宮駅前)
第 59 回 日本臨床ウイルス学会
会長 沼崎 啓 (国際医療福祉大学小児科教授)

学会ホームページwww.procomu.jp/jacv2018/

2018年5月27日

東京文京区シビックセンター
平成30年度 NPO法人えじそんくらぶ 総会記念講演
脳科学に学ぶADHD
講演:門田 行史 教授(国際医療福祉大学病院小児科部長)

2018年5月8日

ストラテラライブストリーミング ライブ講演
脳機能変化からみたAD/HD治療薬
講演:門田 行史 教授(国際医療福祉大学病院小児科部長)

2018年4月8日 新潟県ADHDセミナー

fNIRSで可視化するADHD±ASD 薬効評価を踏まえて
講演:門田 行史 教授(国際医療福祉大学病院小児科部長)

論文 発達障害研究の論文がアクセプトされました

ADHDにASDが併存している場合と併存していない場合の薬の効き方について、脳科学検査を用いて可視化した世界初の報告となります。

Methylphenidate-Elicited Distinct Neuropharmacological Activation Patterns Between Medication-Naïve Attention Deficit Hyperactivity Disorder Children With and Without Comorbid Autism Spectrum Disorder: A Functional Near-Infrared Spectroscopy Study.
Tatsuya Tokuda1,Takahiro Ikeda,Yukifumi Monden,*, †, Sakae G Mizushima, Hideo Shimoizumi,Takeshi Inoue,Masako Nagashima, Keiichi Shimamura, Akari Arakawa,Megumi Kobayashi, Masami K Yamaguchi, Chie Kuroiwa, Yuta Ujiie, Haruka Dan1, Yasushi Kyutoku1, Takamichi Taniguchi5,Takanori Yamagata, So Kanazawa, Ryouichi Sakuta, Ippeita Dan Neuropsychiatry (London) (2018) 8(2), 739–744 (IF 4.77)

研修医の声⑥

(平成30年2月)
初期研修医1年目

平成30年2月に1カ月間、小児科で研修させて頂きました。
関わったスタッフの方々、この場を借りてお礼申し上げます。
私の場合、1カ月間の研修ということで限られた時間ではありました。季節柄の関係、感染症が流行しており、感染症以外にもさまざまな症例に接する事が出来、濃い時間が過ごせました。
ルート確保から点滴量、治療計画、朝のプレゼンとオーベンの2人の先生を始め先生方が包括的なサポートと指導して下さったお陰で日々学ぶ事が多く、疑問点や改善点が浮き彫りになり有意義な研修でした。
引き続き、夜間当直にも携わらせて頂き、common、curable、criticalな視点から小児診療が少しでも出来るよう、感覚を養っていきたいです。

研修医の声⑤

(平成30年2月)
初期研修医2年目

初期研修も残りわずかとなった時期に、1ケ月という短い期間ではありましたが、小児科を研修させていただきました。私は耳鼻咽喉科志望であり、耳鼻咽喉科でも扁桃炎や中耳炎で小児を診る機会が多く、小児の診察の仕方などを学びたいと思い、小児科研修を選択しました。1ケ月という短い期間ではありましたが、熱性けいれんや急性気管支炎など幅広い症例を経験することができましたが、なかでも印象に残った疾患が「川崎病」でした。医師になる前の国家試験では、小児科のヤマ中のヤマであり、主要5徴候や治療法についてしっかりと勉強したはずでした。しかし、約2年間の初期研修で完全に知識の中から消えておりました。川崎病は高熱や頸部のリンパ節腫脹、目の充血などが主要症状であることから、最初に耳鼻咽喉科を受診することが多いと知り、耳鼻咽喉科を志望する身としてもしっかり勉強しなければと強く思いました。なぜなら、川崎病は冠動脈瘤など一生に関わる合併症を引き起こし、早期に適切な治療を行う必要があるからです。川崎病以外にも、小児疾患は早期に治療を行わないと重大な合併症を引き起こしてしまうことがあり、成人以上に多くのことに気を付けなければならないと、1ケ月の研修期間で強く感じました。
最後になりますが、指導してくださった先生方、小児科スタッフの皆様にこの場を借りて心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

発達障害研究に関する書籍(INTECH)

High-Resolution Neuroimaging - Basic Physical Principles and Clinical Applications (分担執筆 fNIRS-based clinical assessment of ADHD children)
Yukifumi Monden1,2,3*, Masako Nagashima1, Haruka Dan2, Takahiro Ikeda1, Yasushi Kyutoku2, Takanori Yamagata1 & Ippeita Dan2

2018年3月12日 CARE ワークショップ

CARE ワークショップ
“子育てを治療する“
対象:栃木県県南児童相談所 判定指導課
ワークショップ担当講師 門田 行史

2018年3月3日・4日 第9回ADHD学会総会

①一般演題
ASD非併存・併存ADHD児におけるメチルフェニデート徐放薬内服時の脳活動変化の違い
徳田竜也1, 池田尚広2, 門田行史123 長嶋雅子2 ,檀一平太1
1中央大学 応用認知脳科学研究室, 2自治医科大学 小児科, 3国際医療福祉大学 小児科

②第9回ADHD学会総会シンポジウム3
「ADHDの基礎研究の進展」
演題名: 行動抑制機能に焦点を当てたADHDとASDの病態検証 -fNIRSを用いて-
演者:池田尚広、門田行史
自治医科大学 小児科

③第9回ADHD学会総会ランチョンセミナー
脳機能変化からみたAD/HD治療薬の効果に関する検討
門田行史a,b,c、池田尚広a、長嶋雅子a、檀一平太c、山形崇倫a
a 自治医科大学小児科学
b 国際医療福祉大学病院小児科
c 中央大学人間理工学科

2018年1月31日(水) 那須郡市医師会学術講演会

成長における正常バリエーションの広さと異常児をどう見つけるか?
場所:TOKO-TOKOおおたわら 開催:那須郡市医師会
講演:水野 晴夫 教授

研修医の声④

「小児科研修を終えて(平成29年12月)」
初期研修医2年目

初期研修も終盤に差し掛かり、数々の科を回ってきましたが、とても良い研修ができた1か月でしたので、感謝申し上げるとともにご報告いたします。
私は限られた1か月の中で、将来小児の救急対応をする際に、帰宅させて良い症例とそうでない症例の見極め、頻度の高い症候に対する初期治療ができることを目標に研修に臨みました。
グループ病院である三田病院から研修にきた私には、不慣れな病棟でカルテシステムも違う環境でしたが、直接指導してくださる上級医が割り当てられており、カルテの使い方や、病棟のルールなど基本的なことから指導して頂きました。そして少しずつ病棟業務を任せて頂いたので、何をしていいかわからない時間がないことと、チームの一員として業務を与えられている点がすごく良かったです。またカルテ承認システムはしっかり機能しており、問題のある場合には直接指導を頂いたり、記載内容を更新して頂いたりして日々勉強になりました。毎朝新患カンファレンスがあり、週に1回は病棟患者全員のカンファレンスを行い、治療方針の確認を行います。カンファレンスは研修医がプレゼンを行う場ですが、雰囲気は良く、プレゼンが実践できる良い機会でした。日中の救急対応も上級医と共に行います。緊急性を考慮した上で時間が許されるときには、初期対応を研修医が考えオーダーを確認して頂いたり、手技を指導して頂いたりする機会もあり、より実践的な研修が行えました。
研修前に掲げた目標はなかなか奥が深いことがわかり、目標達成とは言えませんが、学ぶことが多い1か月でした。初期輸液の量も使える薬もわからない!などという小児科アレルギーはなくなり、開始輸液,内服薬の容量,維持輸液など、小児科独特のルールがしっかりと身に付きました。また小児を治療する上で大切である、輸液量や内服量を確認する癖がつきました。小児科に興味のある医学生・初期研修医はもちろん、そうでない人にもオススメしたい研修です。指導体制はとてもしっかりしており、満足のいく研修ができると思います。
最後に、対応してくださった先生方、病棟スタッフさんに素晴らしい研修ができたことを感謝申し上げます。

研修医の声③

「小児科研修を終えて(平成29年12月~平成30年1月)」
初期研修医1年目

平成29年12月から2ヶ月間、小児科で研修をさせていただきました。
2ヶ月という限られた時間ではありましたが、多くのことを学ばせていただきました。
小児科での研修はこれまで回った他の科での常識が通用しないことが多く、最初の1ヶ月は小児科の常識に慣れることで精一杯でした。特に、大人の場合は輸液の速度、薬剤の投与量など、個々で計算して調整するということがあまりなかったため、小児科はとても繊細であるという印象を受けました。また、採血やルート確保も大人と違ってとても難しく、なかなか苦手意識を払拭することはできませんでした。
わからないこと、思うようにいかないことが多く、落ち込むことも多々ありましたが、指導医の先生方が暖かく見守ってくださり、ちょっとした疑問点にも丁寧に答えてくださるおかげで、2ヶ月目には少しずつ自分で考えて行動することができるようになりました。
病棟では入院患者さんの処方や輸液量、状態管理の考え方を、当直では初診時の対応を、また、朝カンファレンス時にはカルテ記載や症例プレゼンについてを学ばせていただき、2ヶ月とは思えないほど、とても密度の濃い研修期間でした。
最後になりますが、指導してくださった先生方、小児科スタッフの皆様にこの場を借りて心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

論文 発達障害研究の論文がアクセプトされました

Ito J, Fujiwara T, Monden Y, Yamagata T, Ohira H. Association of Oxytocin and Parental Prefrontal Activation during Reunion with Infant: A Functional Near-Infrared Spectroscopy Study. Frontiers in Pediatrics.5.271 2017 (IF 2.17)

特別講演 脳機能とADHD学術講演会  門田行史
fNIRSで可視化するADHD±ASD 薬効評価を踏まえて
日時:2月10日(土)19:00~
場所:栃木県宇都宮市
会場:ニューイタヤ

特別講演 埼玉ADHD学術講演会  門田行史
fNIRSで可視化するADHD±ASD 薬効評価を踏まえて
日時:2月5日(月)19:00~
場所:埼玉県さいたま市大宮区
会場:大宮ソニックシティ―

特別講演 門田行史
ADHDの治療 –インチュニブ治験・脳機能の話を踏まえて-
日時:12月14日(水)19:00~
場所:公立大学法人和歌山県立医科大学
会場:高度医療人材育成センター5階 大研修室

2017年11月26日

第142回 日本小児科学会栃木県地方会
成長障害を契機に診断した先天性腎性尿崩症の1例
田中大輔、水野晴夫、田中達之、若林慶、久保達也、高橋和郎、山形崇倫、沼崎啓、郡司勇治、斎藤伸治、門田行史

田中医師の発表風景(自治医科大学研究棟)

2017年10月29日

北関東甲信越学校保健・保健活動セミナー
「子どもの成長障害」~早期発見のポイント~
講演:水野晴夫医学部教授

研修医の声①

「国際医療福祉大学病院 小児科での研修を振り返って」
後期研修医、6年目

私は約2年間、国際医療福祉大学病院 小児科で勉強させて頂きました。当科での研修の1番の特徴はcommon diseaseから稀な疾患まで、数多くの症例を経験できる点だと感じました。また、心身にハンディキャップを持つ重症心身障害児の入院が多いのも当科の特徴です。看護師や理学療法士と連携し、重症心身障害児とその家族をサポートしていくことも大変勉強になりました。病棟診療だけでなく、外来診療も多く経験できるため、稀な疾患は、退院後も継続して診療を行っていくことも可能です。また、鑑別疾患や治療方針を、自分で判断し、決めていくため、論理的に考える能力を養うことができました。もちろん、指導医の先生方も非常に熱心に指導をして下さります。毎日、カンファを開き、疾患の鑑別や治療方針の確認を行い、指導医の先生からアドバイスを頂きます。また、指導医の先生の下で、学会発表や論文作成も精力的に行うことができます。病院の近くには多くの温泉があるため、当直明けの日に、温泉に行くのも楽しみの1つでした。
この2年間で、これまでに経験できなかった、外来診療や予防接種、重症心身障害児の支援など数多くの新しいことを学ぶことができました。また、いつか、国際医療福祉大学病院で働かせていただきたいと思っています。諸先生方、スタッフの皆さんに恵まれ、充実した研修を行うことができました。ありがとうございました。

研修医の声②

「小児科研修を終えて(平成29年9月~10月)」
初期研修医1年目

平成29年9月~10月の2ヶ月間小児科で研修をさせて頂きました。
小児科での研修はとにかく勉強の連続でした。当たり前のことなのですが、今まで学んできた大人との違いに最初はかなり戸惑いました。というのも問診一つにしても今までは質問すれば返答があり、どのような症状がいつからどのようにでているかなど容易に得ることができた情報が乳児などでは全く通用しません。身体診察を入念にするしかないのですがその身体診察ですらおとなしくさせてもらえないことが多く初期研修医の自分では啼泣により呼吸音が聴取できなくなったり、咽頭所見をとりたくても口を開けてくれず呆然としてしまう事の連続でした。なんとか所見をとり治療の段階になると今度はルート確保という難関が待ちうけています。大人と違いとにかく血管が細く特殊なライトを使いやっと見えるような血管にルートをとらなければなりません。自分が難渋していると上級医の先生が助けてくれ嘘のように簡単にルート確保しているのを目の当たりにし尊敬の念を抱いたのを覚えています。そしていざ点滴をするにしても点滴を落とす速度、投与量など大人以上に緻密に計算をしなければなりません。小児科で研修しなければ学べなかったであろうことを数多く勉強させて頂きました。その他にも手技だけでなくプレゼンテーションのやり方なども指導医の先生方に丁寧に指導していただき本当に実のある二カ月間でした。
最後になりますが先生方をはじめ、小児科スタッフの皆様には大変お世話になりました。この場を借りて心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

2017年9月28-30日

第51回日本小児内分泌学会
「Year Book 3」~「下垂体」
講演:水野 晴夫教授(国際医療福祉大学医学部小児科)

2017年8月25日

第22回小児内分泌専門セミナー(日本小児内分泌学会主催)

副腎:「先天性副腎疾患に対する診断と治療のアプローチ」
講演:水野 晴夫教授(国際医療福祉大学医学部小児科)

http://jspe.umin.jp/seminar/sem.html

2017年7月16日

International Union of Microbiological Societies Congresses 2017(シンガポール)
Virus surveillance, epidemiology & Public Health
講演:沼崎 啓 国際医療福祉大学大学院教授 小児科

2017年7月25日 WEB講演 (国際医療福祉大学病院内からWEB発信)

がまん脳は鍛えない – 小児の発達障害診療と家族機能の強化~脳機能研究-
門田行史 国際医療福祉大学病院小児科小児科部長

2017年7月15日
第141回日本小児科学会栃木県地方会 (国際医療福祉大学病院B棟5階)

①特別講演 思春期発来異常の原因と対応の実際
国際医療福祉大学成田医学部教授小児科 水野 晴夫 先生

②初期症状に学力と運動能力低下が出現した小児早期発症Basedow病の1例
若林慶1),2)、水野晴夫2)、田中大輔1),2)、久保達也2)、高橋和郎3) 、山岸裕和1),4)、渡辺浩史4)、下泉秀夫4)、山形崇倫1)、沼崎啓2)、郡司勇治2) 、門田行史1),2)

③NICU入室時に僧帽弁逆流がみられた症例の検討
久保達也、若林慶、田中大輔、水野晴夫、沼崎啓、郡司勇治、門田行史

2017年6月28日
第9回 旭川発達障害フォーラム (旭川)

がまん脳は鍛えない - 光トポグラフィーを用いたADHD治療薬の可視化-
門田行史 国際医療福祉大学病院小児科小児科部長

発達障害診療・研究のご紹介(門田研究室)

小児科では発達障害の診療と研究(発達障害の診断、治療、不登校のお子さんの入院プログラム、心理カウンセリング)を実践しております。研究については、門田研究室のホームページをご覧ください。

門田研究室

ご興味のある方は国際医療福祉大学病院までご連絡ください。