オンライン市民公開講座

  • ホーム
  • オンライン市民公開講座

2021年 オンライン市民公開講座「健康ひとくちメモ」

2021年第9弾は、2021年12月18日に開催された市民公開講座「こどもの救急”のおはなし~こんな症状の時はどうすればよい?~」からです。ワンポイントアドバイス「こどものインフルエンザと新型コロナウイルス感染症~最新情報と注意点」も同時に収録しています。

「“こどもの救急のおはなし” ~こんな症状の時はどうすればよい?~」

こどもは夜間や週末に体調を崩すことが多く、突然のこどもの体調不良に直面し、「このまま様子見るだけで良いのか」、「病院を受診すべきか」、「救急車が必要か」など、ご家族は不安に感じられることと思います。このようなご家族の皆様の不安を少しでも解消するため、「症状別に、何をなすべきか」を解説していきます。


・①小児救急の現状と、「こどもの救急」ウエブサイト (15分21秒)

当院における小児救急の現状と、困ったときに非常に役立つツール、日本小児科学会が制作、運用している「こどもの救急」のウエブサイト」につき解説します。

国際医療福祉大学病院
小児科 部長
佐藤 智幸
小児科のご案内


・②症状別対応法:発熱、せき、ゼェゼェ (24分36秒)

小児救急を訪れる患者様の最も多い症状である発熱、さらには、せき、呼吸がおかしいといった症状が現れた時、そのまま様子を見るのか、病院に行くのか、救急車を呼ぶべきなのかといった判断のポイントにつき、説明します。

国際医療福祉大学病院
小児科 部長
佐藤 智幸
小児科のご案内


・③症状別対応法:吐き気・嘔吐、けいれん、腹痛(26分15秒)

吐き気や嘔吐、けいれんといった症状への対処法に加え、日常生活で、ありがちな「異物誤飲」の予防と対処についても、解説します。

国際医療福祉大学病院
小児科 部長
佐藤 智幸
小児科のご案内

「こどものインフルエンザと新型コロナウイルス感染症~最新情報と注意点~」

こどもの健康に関するワンポイントアドバイスとして、特に冬季に心配な「インフルエンザ」と「コロナウイルス」の2つの感染症につき、最新の情報を交えて解説していきます。


・こどものインフルエンザと新型コロナウイルス感染症~最新情報と注意点~(22分24秒)
国際医療福祉大学病院
小児科 医師
井上 俊
小児科のご案内