オンライン市民公開講座

  • ホーム
  • オンライン市民公開講座

2021年 オンライン市民公開講座「健康ひとくちメモ」

2021年の第2弾は、理学療法士による「自宅できる運動・下肢編」、と薬剤師による「点眼薬の適切な使い方」の2点です。

「自宅でできる運動・下肢編」
正しく下半身の筋力を保ち、安全に楽しく、運動不足を解消しよう(10分29秒)

国際医療福祉大学病院
リハビリテーション室
 理学療法士・主任
 大藤 範之
 <監修>
 リハビリテーション科部長
 瀬田 拓  
高齢者が元気に暮らし続けるため、日々、安全に楽しく身体活動を行うことが大切です。そのためには、体を支える基礎である下半身の筋力を保つ必要があります。一緒に、正しい下半身の強化方法を学びましょう。高齢者だけではなく、時節柄、家に閉じこもりがちな方にもお勧めです。
リハビリテーション科/リハビリテーション室のご案内

「薬剤師が教える 目から鱗の目薬の使い方」
あなたは点眼薬を正しく使えていますか?(10分41秒)

国際医療福祉大学病院
薬剤部
 薬剤師
 久保 倫美
一口に「点眼薬」といっても、さまざまな種類のものがあります。今回は、それぞれの正しい点眼の仕方や、点眼の順序につき、動画も交えて解説します。お薬の効果を十分に発揮させるために適切に使用しましょう。
薬剤部のご案内

オンライン市民公開講座