医師案内

不整脈センター

柴 信行

柴 信行(しば・のぶゆき)

Nobuyuki Shiba

副院長
循環器センター長
不整脈センター長
循環器内科部長

国際医療福祉大学 医学部教授

循環器内科

東北大学卒、医学博士
前東北大学大学院循環器EBM開発学講座准教授
スタンフォード大学循環器内科留学
日本高血圧学会認定指導医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医

循環器疾患全般と高血圧の診療をしている。なかでも、慢性心不全の診療、重症心不全に対するデバイス治療、心臓移植医療、冠動脈インターベンション、心臓リハビリテーション治療は我が国でも第一人者のひとりであり、当院の心疾患治療の指導的立場である。研究活動にも熱心に携わっており、科学研究費、厚生労働省科学研究費による心疾患の研究も行っている。当院の地域連携室部長として、地域医療の活性化と改善にも取り組んでいる。

福田 浩二

福田 浩二(ふくだ・こうじ)

Koji Fukuda

不整脈センター部長
国際医療福祉大学 医学部准教授

循環器内科

東北大学卒、医学博士
前東北大学循環器内科講師、ヴァンダービルト大学麻酔科学留学
日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本不整脈心電学会認定不整脈専門医

ハートリズム科部長として、不整脈疾患の治療を専門としている。心房細動を含めた頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション、突然死に関わる致死的不整脈への植込み型除細動器、徐脈的不整脈に対するペースメーカー治療、さらに重症心不全に対する両心室ペーシング治療まで、あらゆる循環器リズム疾患に対応し、栃木県県北地域の患者様へ最適な不整脈治療をお届けしたいと考えている。

髙田 剛史

髙田 剛史(たかだ・つよし)

Tsuyoshi Takada

不整脈センター副部長
国際医療福祉大学 病院講師

循環器内科

東北大学卒、医学博士
日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定総合内科専門医

心不全、虚血性心疾患、不整脈疾患など、心疾患全般についての治療を担当する。特に緊急を要する心筋梗塞については、昼夜を問わずカテーテルによる治療を行っている。また、近年増加中の大動脈弁狭窄症に対して、カテーテルによる弁形成術を積極的に行っている。心不全で入院された患者様に対しては、積極的に心臓リハビリテーションを行い、退院後の社会生活を不自由なく送っていただけるよう努めている。

佐竹 洋之

佐竹 洋之(さたけ・ひろゆき)

Hiroyuki Satake

不整脈センター医長
国際医療福祉大学 医学部助教

循環器内科

弘前大学卒、東北大学大学院修了、医学博士
日本内科学会認定内科医

心血管病の多くは、発症すると障害を伴って生活していくことになり、健康寿命を短縮させる。平均寿命が年々伸びる中で、健康な身体で長生きをする、いわゆる「健康寿命の延長」が大切であると考えている。不整脈診療を中心に、患者様が元気な身体で長生きすることを目標に診療にあたっている。