医師案内

血管外科

村上 厚文

村上 厚文(むらかみ・あつぶみ)

Atsubumi Murakami

血管外科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

血管外科

昭和大学卒、医学博士
日本外科学会認定指導医、心臓血管外科専門医認定機構認定心臓血管外科専門医、日本胸部外科学会認定指導医、日本血管外科学会認定血管内治療医、日本循環器学会認定指導医、外国人医師臨床研修指導医、各種ステントグラフト施行医・指導医

心臓・大血管や全身の血管手術を受けられる方は、いつも命がけの決意をされていることから、この決意に応えられる技術と、わかりやすく十分な説明をご提供できるよう、常に努力している。従来の手術療法に加え、低侵襲で大きな効果が得られる血管内手術が得意分野であり、大血管ではステントグラフト留置術、末梢動脈に対してはバルーン拡張およびステント留置術を積極的に行っている。静脈瘤や、エコノミークラス症候群で知られる深部静脈血栓症と肺塞栓症にも対応しており、従来の手術法と血管内手術を組み合わせて、患者様にとって最適の治療をめざしている。

松本 拓也

松本 拓也(まつもと・たくや)

Takuya Matsumoto

国際医療福祉大学教授 医学部
血管外科学主任教授

血管外科

九州大学卒、医学博士
前九州大学大学院消化器・総合外科(血管外科)講師
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本心臓血管外科学会認定修練指導医・心臓血管外科専門医、日本脈管学会認定脈管専門医、日本血管外科学会血管内治療認定医、胸部大動脈ステントグラフト指導医、腹部大動脈ステントグラフト指導医、浅大腿動脈ステントグラフト実施医

足の血管のつまりが原因で歩くと足が痛い、安静にしていても痛い閉塞性動脈硬化症、またお腹に違和感のあるこぶ(大動脈瘤)があるなどの動脈硬化が原因で発症する血管病を専門としている。手術、血管内治療(カテーテル治療)の両方を施行でき、特にカテーテル治療などにおいて、患者様の全身状態にあったベストな治療および患者様にやさしい治療を行えるよう心がけている。

加藤 盛人

加藤 盛人(かとう・もりと)

Morito Kato

血管外科

群馬大学卒
前自治医科大学心臓血管外科講師

自治医科大学心臓血管外科に長年勤務し、心臓大血管手術に豊富な経験を持つ。その経験を生かし、同大学との連携を密にしつつ、安全で質の高い医療をご提供している。また、他院で診断を受け、治療方針の選択に苦慮されている患者様への「セカンドオピニオン」にも積極的に応じている。末梢血管や静脈血管も扱っており、足が冷たい、歩くと痛い、急にむくんだなどの症状についてもご相談に応じている。

洞口 哲

洞口 哲(ほらぐち・てつ)

Tetsu Horagchi

血管外科

岩手医科大学卒
国際医療福祉大学病院初期臨床研修修了
日本外科学会認定外科専門医、日本脈管学会専門医、日本下肢救済足病学会認定師、リンパ浮腫療法士、日本静脈学会認定弾性ストッキングコンダクター、血管内レーザー焼灼術実施医、JPTECインストラクター、ACLS-Experienced Provider、V.A.C.治療システム実施医

栃木県県北地域の患者様の病態、ニーズにあった診療を心がけている。特に、専門である血行改善による歩行障害の改善、フットケアに積極的に取り組み、患者様のQOL(生活の質)の向上をご提供できるよう努めている。

山下 勝

山下 勝(やました・しょう)

Sho Yamashita

血管外科

九州大学卒
前九州大学病院

患者様の治療に貢献できるよう、日々向上心を持って努力したいと思っている。