令和3年度 国際医療福祉大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 617 176 282 529 628 895 1733 2756 1522 346
当院は北関東並びに南東北地域から多くの患者様が受診されている総合病院です。平成31年2月には病床数が55床増え408床となり、乳幼児から高齢者まで幅広い医療ニーズに応える病院として、1,000人を超える職員が日々努力を続けています。昨年度における退院患者数は9,484名にのぼり、60歳以上が6割超にあたります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160xx001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 127 3.66 4.74 0.00% 68.28
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 66 3.00 2.65 0.00% 69.05
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1 なし 60 14.80 10.15 0.00% 63.15
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 43 17.70 15.76 0.00% 72.44
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 9.80 9.00 0.00% 69.71
ヘルニア手術においては、従来法(鼠径部を切開する方法)と侵襲が少ない腹腔鏡を用いる2種類を行っています。
食道がん、胃がん、結腸がん、直腸がんなどの消化管手術には、内視鏡手術を導入し、術後疼痛の軽減、早期リハビリテーション、早期経口栄養を促し、早期退院、早期社会復帰、医療費の削減をめざしています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 766 2.33 2.71 0.00% 73.94
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 100 5.53 6.14 0.00% 69.89
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 58 2.53 4.83 0.00% 73.07
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 47 5.89 5.36 0.00% 71.40
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり 片眼 29 5.69 5.41 0.00% 75.31
白内障、緑内障、糖尿病網膜症等を幅広く診断、加療しており、網膜光凝固などのレーザー治療も随時施行しております。手術においても白内障手術のほか、眼臉下垂や斜視手術などの外眼部手術にも対応し、抗VEGF抗体の硝子体注射での加療も行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 269 6.45 4.79 0.00% 65.68
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 109 4.74 4.36 1.83% 70.39
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 90 18.90 17.35 3.33% 83.08
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 80 3.38 3.06 1.25% 67.73
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 58 3.33 3.27 0.00% 71.24
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、高血圧症は24時間体制で、高度な医療に対応しています。また、虚血性心疾患に対するロータブレーター治療、不整脈疾患に対する植え込み型除細動器治療(ICD)・アブレーション治療、心不全に対する心臓再同期治療(CRT)も施行しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 271 2.41 2.65 0.00% 64.70
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 65 11.68 9.21 6.15% 77.22
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 28 7.93 7.96 0.00% 72.11
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 27 6.41 7.70 0.00% 63.00
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 23 9.04 7.74 0.00% 63.43
消化器内視鏡検査やCT検査、MRI検査などの各種画像診断を軸とした胃腸疾患、胆膵疾患、肝臓疾患の臨床診断と治療を行ってきました。閉塞性黄疸や胆管炎といった重篤な救急疾患に対しては、内視鏡的逆行性胆管造影(ERCP)とドレナージ術を行うことで救命しています。その原因となる胆石治療や胆管癌・膵癌などの治療は消化器外科と連携のもとで行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 85 1.60 2.44 0.00% 34.78
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 65 5.85 6.04 0.00% 46.23
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 54 9.26 9.39 0.00% 33.91
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 53 2.02 2.87 0.00% 39.09
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 42 12.24 9.38 0.00% 33.76
【産科部門】年間に約500件の分娩を扱っており、栃木県北部地域の中核病院として県内に広く認知されています。さらに、他の医療機関で分娩するのが危険と判断された妊婦さんも積極的に受け入れており、昨年度は6例の患者様が栃木県内全域の医療機関から当科に搬送されています。産科部門では、あらゆる妊婦さんのさまざまな状態に即時に対応できるように24時間年中無休の当直体制で運営しています。
【婦人科部門】主に腫瘍、感染症および更年期障害が対象となります。子宮筋腫および卵巣嚢腫などの良性腫瘍に対しては、患者様のニーズに応え積極的に腹腔鏡下手術を取り入れています。
腎泌尿器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 200 3.64 2.50 0.50% 70.72
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 68 2.15 2.59 0.00% 61.57
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 66 9.17 11.63 0.00% 68.35
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 40 4.93 7.16 7.50% 80.10
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 40 9.03 13.14 0.00% 73.40
腎泌尿器外科は悪性腫瘍だけでなく尿路結石症、泌尿器の感染症なども治療しています。特に尿路結石に対して体外衝撃波結石破砕術(ESWL)による治療などを行っています。また前立腺がんに対してはロボット支援下での腹腔鏡下手術を行っており、その他膀胱腫瘍に対しても手術などを行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 111 6.10 6.13 3.60% 0.00
150120xx99x1xx 脳性麻痺 手術なし 手術・処置等2 あり 68 6.29 8.52 0.00% 16.84
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 44 5.50 5.83 0.00% 1.45
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり 31 6.35 10.48 3.23% 0.00
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 4.08 5.53 0.00% 5.16
急性咽頭炎、クループ症候群、肺炎などの呼吸器疾患、ノロウイルス感染症や細菌性胃腸炎、腸重積などの消化器疾患、食物アレルギーや喘息などのアレルギー疾患、ネフローゼなどの腎臓疾患、低身長や思春期早発病などの内分泌疾患、川崎病などの循環器疾患、発達障害などの神経発達に関わる病気の診断と治療を行っています。また、新生児疾患についても、低出生体重児や新生児の呼吸障害などの治療も行っています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155xxxxx1xx 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2 1あり 72 8.46 21.58 1.39% 73.39
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 60 8.47 17.07 0.00% 64.87
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 10.61 14.19 1.79% 68.63
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 10.09 17.86 2.22% 75.82
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 27 17.44 15.63 33.33% 72.00
当診療科はセンター形式で運営しており、栃木県神経難病ネットワークの基幹病院として、栃木県北の神経難病医療の中核的役割を果たしています。筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症など神経難病の患者様の長期医療、在宅医療の支援、幅広い医療情報の提供など、専門的かつ総合的な医療を提供しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 42 41.14 25.32 61.90% 82.36
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 19 26.47 19.34 42.11% 81.00
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 17 25.24 15.77 5.88% 74.00
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 16 5.69 4.99 0.00% 58.06
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 14 34.21 23.02 21.43% 72.71
高齢者の転倒による大腿骨骨折などを多く受け入れています。手術後はリハビリを行いながら、回復期リハビリテーション病棟のある病院へ転院できるようMSWが他院との連携を図っています。その他、胸腰椎の圧迫骨折などは、コルセットを作成している間、上記同様に回復期病棟への転院の準備を進めています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx01x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 60 8.75 10.39 3.33% 46.60
110280xx9902xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 43 38.12 25.90 9.30% 69.42
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2 なし 23 18.70 8.75 8.70% 65.70
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 8.68 - -
110280xx01x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等2 なし - - 13.74 - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
原発性糸球体腎炎、糖尿病・高血圧・膠原病などによる二次性腎疾患、多発性嚢胞腎を含めた遺伝性腎疾患、間質性腎炎などの腎疾患ならびに急性・慢性腎不全の透析療法や合併症について、入院および外来で総合的に診療しています。また血液透析は透析装置50台を有する専用の透析センターを持ち、入院および外来通院の維持透析を行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 34 7.97 3.30 0.00% 70.38
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 28 7.32 9.07 0.00% 69.07
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 23 17.04 18.42 0.00% 72.09
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 10.44 13.13 0.00% 76.22
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし - - 20.57 - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
新型コロナウイルス感染症、気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症や気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎、肺がんなどが主たる疾患となります。
肺の悪性腫瘍については化学療法や放射線治療、外来化学療法も対応しています。また、高齢者の肺炎や誤嚥性肺炎などにも対応しており、早期の退院をめざしています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 9.02 10.47 1.56% 71.84
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 8.00 9.86 3.45% 35.07
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 13 9.23 9.07 0.00% 70.31
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 12 6.67 8.82 0.00% 63.67
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 10 2.00 3.30 0.00% 70.90
肺、気管・気管支、縦隔、胸壁疾患を対象とした診断と治療を行っています。 手術治療が中心ではありますが、病態に応じて手術以外の治療法も行っています。個々の患者様の病状と体調を充分に配慮、検討して、説明と同意に基づき診断・治療法を選択することを診療の根幹としています。
肺がん診療においては、呼吸器内科と協力し、外科治療、放射線治療、進行・再発例に対する化学療法・分子標的薬治療、症状緩和のための支持療法を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 22.84 18.90 40.00% 64.92
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 11.85 9.78 10.00% 73.05
010010xx02x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 14.80 20.79 0.00% 63.10
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 19.50 15.63 40.00% 64.00
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.78 - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
急性期脳梗塞に対するtPA治療は、年々治療症例が増えてきています。てんかんについては、自治医科大学脳神経外科教授による専門外来を開設しています。脳血管内治療は専門医による迅速で正確な治療を行い、こちらの症例も日々増えてきています。急性期の治療は平行して、早期よりリハビリスタッフによる心のこもったリハビリを開始しています。定期的に、主治医、リハビリスタッフ、看護師、MSWでのカンファランスを行い、患者様の現状把握と最適な治療環境の整備に力を注いでいます。その一環として、連携パスを用いた近隣の回復期病院との医療連携体制を構築しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 41 3.02 7.84 0.00% 27.90
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 19 5.00 7.09 0.00% 51.26
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 18 8.06 7.03 0.00% 58.50
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 14 5.64 6.47 0.00% 61.07
030320xxxxxxxx 鼻中隔弯曲症 - - 6.29 - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
入院治療は、扁桃肥大・習慣性扁桃炎・閉塞性睡眠時無呼吸症などに対するアデノイド切除術・口蓋扁桃摘出術などを実施しています。これらの手術は2泊3日での入院となりますが、手術前日の午後に入院し、手術翌日の午前中に退院となり在院時間は48時間未満と短期間での入院治療を行っています。また、慢性中耳炎・耳硬化症・真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術・あぶみ骨手術など高度で専門的な耳科手術にも対応しています。嚥下機能評価や声帯ポリープに対する日帰り手術も行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 25 5.32 2.94 0.00% 64.04
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 11 10.18 7.68 0.00% 77.27
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.18 - -
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし - - 5.49 - -
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1 なし - - 5.66 - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
頭の先から爪先まで、全身が対象になります。特に最近は高齢化のため眼瞼下垂や褥瘡・難治性潰瘍の手術が増加しています。
平成29年度より、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会の乳房再建用エキスパンダー実施認定施設となり、力を入れています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 11 43.45 37.46 0.00% 69.64
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 10 23.30 19.92 0.00% 70.80
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり - - 10.66 - -
130030xx99x0xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.15 - -
130010xx97x0xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 なし - - 14.21 - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
各種の貧血疾患(悪性貧血、溶血性貧血、鉄欠乏性貧血など)、悪性リンパ腫、白血病、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫などの血液の悪性疾患や、自己免疫性血小板減少性紫斑病、本態性血小板増加症などの血小板数の異常を示す疾患などに対応しています。
糖尿病・代謝・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 47 17.32 14.41 0.00% 64.62
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 12 11.25 5.37 0.00% 35.08
10008xxxxxx1xx その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり - - 18.82 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.25 - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
糖尿病の治療では、栄養指導と平行しながら、患者様の状態に応じて治療薬を糖尿病専門医が決定します。さらに、1型糖尿病など血糖コントロールが困難な方には在宅インスリンポンプ療法(CSII)も導入開始しています。
心臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 22 19.86 11.06 0.00% 75.18
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 16.85 - -
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む) 弁置換術等 処置1なし 処置2なし - - - - -
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む) 弁置換術等 処置1なし 中心静脈注射等 - - - - -
050080xx0102xx 弁膜症(連合弁膜症を含む) 弁置換術等 処置1なし 持続緩徐式血液濾過等 - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
現在はリウマチ性の弁膜症は減少傾向となり、代わりに加齢や動脈硬化性に伴う大動脈弁狭窄症や変性による僧帽弁閉鎖不全症が増加傾向にあります。施行している手術内容は、冠動脈バイパス術(単独手術では心拍動下)、弁形成および弁置換術、胸部大動脈手術(大動脈瘤および大動脈解離に対する人工血管置換術)、心房細動に対するメイズ手術、収縮性心膜炎手術、成人先天性心疾患など多岐にわたっています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 12.62 5.32 0.00% 74.73
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 25 8.32 2.75 0.00% 66.48
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患 手術なし 定義副傷病 なし - - 14.05 - -
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 四肢の血管拡張術・血栓除去術等 処置1なし 処置2なし 糖尿病足病変 - - - - -
050170xx97000x 閉塞性動脈疾患 その他手術あり 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
血管外科では、動脈系として腹部大動脈瘤、全身の末梢動脈、静脈系として下肢静脈瘤や慢性静脈うっ血滞症、また深部静脈血栓症と肺塞栓症などを主に扱っています。ステントグラフト内挿術、経皮的血管形成術、下大静脈フィルター留置、血栓溶解療術、レーザー治療などを行います。循環器内科、心臓外科とも密接に連携しながら、診療を行っています。
下肢閉塞性動脈硬化症治療の平均在院日数が全国平均と比べ長くなっています。術後管理を慎重に行っており、リハビリを行いながら創部の再出血がないか注意深く診ているためです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 46 12 14 20 13 18 1 8
大腸癌 29 38 40 24 - 25 1 8,7
乳癌 20 22 - - - - 1 8,7
肺癌 37 - 30 60 16 49 1 8
肝癌 - - - - - 34 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
消化器内科・外科では胃がん、大腸がん、肝がんの患者様を、乳腺外科では乳がんの患者様を、呼吸器内科・外科では肺がんの患者様を診療しています。
患者数としては、大腸がんが最も多く、次いで肺がん・胃がん・乳がん・肝がんとなっています。
大腸がんでは、上記患者数にStage0期が含まれていないため、進行がんの割合が高くなっています。早期がんは内視鏡治療を第一選択としています。内視鏡的粘がん膜下層切開剥離術(ESD)は、2~5cmと大きな病巣も内視鏡で切除できるようになりました。手術においては、腹腔鏡下手術を多く行っています。
肺がんでは、進行がん・再発の割合が高くなっています。進行がん・再発例に対する化学療法・分子標的薬治療、症状緩和のための支持療法を行っています。早期がんは、外科治療も行っています。また、肺がんのStageが「不明」の症例は、肺がん疑いの検査入院症例もあるため、件数が多くなっています。
胃がんでは、早期がんの割合が高くなっています。早期がんの治療は原則として内視鏡手術を第一選択としています。また、腹腔鏡手術と合理的術前・術後管理、チーム医療を組み合わせることで、早期退院につながります。
乳がんでは、早期がんの割合が高くなっています。治療法には、手術療法・放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン治療・分子生物学的治療があります。 個々の患者様に応じて、複数組み合わせた治療法が選択できます。外来化学療法と外来放射線療法も積極的に導入しています。
肝がんの治療は積極的に肝切除や肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法等の手術を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 28 17.29 73.96
重症 25 29.04 80.40
超重症 - - -
不明
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
肺炎の重症度はA-DROPスコアで評価しています。Age(年齢)、Dehydration(脱水)、Respiration(呼吸)、Orientation(意識障害)、Pressure(収縮期血圧)の5つの指標です。
 上の表では、中等症から重症になるにつれて年齢があがっています。これは先に述べた重症度の指標に年齢があることもありますが、加齢により脱水が合併してくること、呼吸能力が低下してくること、重症化して平均在院日数が延びること等が要因と考えられます。また患者様によっては意識障害を伴った方もおり、平均在院日数が長くなる傾向にあるようです。意識障害がある場合は、上記5つの指標にかかわらず超重症に割り当てられています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 110 26.26 76.18 38.1%
その他 - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
当院で治療した脳卒中の多くは発症から3日以内に診断、治療を行っている場合がほとんどです。また、早期にリハビリテーションを開始し、早期に退院、転院につながるよう努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 等 834 0.50 0.93 0.00% 73.81
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 185 0.99 3.87 0.00% 70.11
K281 増殖性硝子体網膜症手術 28 0.93 4.54 0.00% 65.25
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 26 0.96 4.00 0.00% 74.58
K2683 緑内障手術(濾過手術) 13 1.08 6.62 0.00% 65.31
白内障手術のほか、眼臉下垂や斜視手術などの外眼部手術にも対応し、抗VEGF抗体の硝子体注射での加療も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 88 1.16 1.66 0.00% 70.00
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.17 5.44 1.52% 62.42
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 63 0.41 1.70 0.00% 69.51
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 7.00 13.35 2.08% 72.02
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 38 1.00 1.11 0.00% 63.66
短期滞在手術の一つである鼠径ヘルニア手術は、早期に退院することで患者様の負担軽減を図っています。
胆石症に対しては症例を限定していますが、一か所の切開からお腹の中にアプローチする Single incision laparoscopic surgery(SILS)を導入しています。また、臓器温存(臓器を切除しない)手術である内視鏡的な切除術(内視鏡でがんを取り除くEMR(ESD)や総胆管結石を取り除くESTなど)も積極的に導入しています。
食道がん、胃がん、結腸がん、直腸がんなどの消化管手術には、内視鏡手術又は手術支援ロボット(ダビンチ)を導入し、術後疼痛の軽減、早期リハビリテーション、早期経口栄養を促し、早期退院、早期社会復帰、医療費の削減をめざしています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 76 0.51 0.01 0.00% 35.16
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 76 4.97 7.25 0.00% 33.26
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術(内視鏡手術用支援機器使用) 等 67 1.03 4.31 0.00% 53.37
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 61 10.08 6.54 0.00% 34.33
K872-32 子宮内膜ポリープ切除術(その他) 等 59 1.00 0.03 0.00% 39.31
栃木県北地区の中核病院として数多くの分娩に立ち会っているため、帝王切開についても数多く対応しています。
また、子宮筋腫および卵巣嚢腫などの良性腫瘍に対しては、患者様のニーズに応え積極的に腹腔鏡下手術を取り入れています。
子宮頸部・体部がんや卵巣がんなどの悪性腫瘍に対しては、日本婦人科腫瘍学会認定の腫瘍専門医(特別顧問 大和田 倫孝)のもとで、患者様のQOL(生活の質)を重視した集学的治療を実施しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 262 0.16 1.28 0.38% 65.12
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 60 0.98 12.35 8.33% 78.57
K654 内視鏡的消化管止血術 33 2.06 9.61 0.00% 66.73
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 27 1.11 5.78 0.00% 71.81
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 22 0.59 3.45 0.00% 63.05
内視鏡治療を中心として治療しています。消化管のポリープ切除のほか、閉塞性黄疸や胆管炎といった重篤な救急疾患に対しては、内視鏡的逆行性胆管造影(ERCP)とドレナージ術を行うことで救命しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 216 1.53 4.04 0.00% 66.61
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 100 2.83 6.58 0.00% 69.99
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 49 2.76 3.39 0.00% 62.22
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 29 3.45 5.07 3.45% 71.59
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 22 3.32 9.59 4.55% 79.32
冠動脈疾患に関してはカテーテル治療を行い、不整脈疾患に関してはペースメーカー植え込みに加えて、電気生理学的検査・不整脈アブレーション治療を行っています。 平成27年10月からは、虚血性心疾患に対するロータブレーター治療、不整脈疾患に対する植え込み型除細動器治療(ICD)、心不全に対する心臓再同期治療(CRT)も施行可能となりました。
腎泌尿器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 97 0.14 1.02 0.00% 61.32
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 67 1.93 3.19 4.48% 75.1
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 65 1.03 7.14 0.00% 68.42
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 52 0.54 4.50 7.69% 76.54
K834-3 顕微鏡下精索静脈瘤手術 20 1.00 1.00 0.00% 34.50
前立腺がんの手術では平成25年3月に手術支援ロボットを栃木県で初めて導入し、「低侵襲かつ安全で機能温存に優れた手術(ロボット支援下前立腺全摘除術)」を提供しています。
前立腺肥大症や膀胱(ぼうこう)腫瘍に対する内視鏡手術では、従来の内視鏡手術(経尿道的切除術:TUR)より、さらに安全で合併症の少ない「生理食塩水潅流経尿道的切除術(bipolar-TUR) 」を採用しています。
また、大きな前立腺肥大症に対しては、低侵襲で治療効果の優れた「ホルミウムレーザー前立腺核出術(Holmium Lasor enuculation of Prostate; HoLEP) 」を採用しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 37 6.95 24.24 51.35% 80.49
K0821 人工関節置換術(股) 等 29 3.59 30.79 17.24% 70.28
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 20 8.95 33.15 65.00% 81.50
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 19 4.37 19.32 5.26% 74.11
K0463 骨折観血的手術(その他) 等 15 1.87 13.53 13.33% 62.27
転倒による大腿骨骨折には骨折観血的手術、変形性関節症には人工関節や骨切り術を行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 28 3.57 3.75 3.57% 37.07
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 25 1.76 9.84 4.00% 75.00
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 18 2.00 6.89 0.00% 70.17
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 11 1.45 6.27 0.00% 71.27
K5132 胸腔鏡下肺切除術(部分切除) - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
呼吸器外科では患者様への負担が少ない胸腔鏡下での手術を多く行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 37 1.00 1.00 0.00% 29.51
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 13 1.00 2.85 0.00% 53.46
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 1.00 3.10 0.00% 70.80
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
入院治療は、扁桃肥大・習慣性扁桃炎・閉塞性睡眠時無呼吸症などに対するアデノイド切除術・口蓋扁桃摘出術などを実施しています。また、慢性中耳炎・耳硬化症・真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術・あぶみ骨手術など高度で専門的な耳科手術にも対応しています。嚥下機能評価や声帯ポリープに対する日帰り手術も行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 14 1.64 3.50 0.00% 64.93
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
低侵襲な方法を中心として細かいところまで要望に応えられるようにさまざまな方法を提示し、さらに放射線照射後や下垂乳房など一般に困難な症例に対しても最大限対称性が得られるように取り組んでいます。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 59 14.15 22.83 8.47% 69.07
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K6121ロ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(静脈転位を伴う) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
内シャント設置術は腎臓の機能が低下して、血液透析が必要となった時に行う手術です。血液透析では、血管に針を刺して血液を持続的に取り出す必要があります。しかし、針の刺しやすい静脈は血流が弱いため、透析を行うのに必要な血液量を取り出せません。そこで、動脈と静脈をつなぎ合わせて(吻合)、動脈の強い流れの血液を一部静脈に流すことで、透析に必要な血液を静脈から取り出せるようします。このような、動脈から静脈へ直接血液が流れる通り道をシャントと呼び、通常は手首の付近につくります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 等 25 0.56 12.16 20.00% 73.76
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 18 4.22 34.11 22.22% 65.00
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
脳神経外科においては慢性硬膜下血腫洗浄・除去術、頭蓋内腫瘍摘出術など頭部の領域以外に、外科と連携し、脳梗塞後遺症による嚥下障害がある患者様へ胃瘻造設も行っています。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K190-5 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填 17 2.71 6.29 11.76% 57.29
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13 19.77 36.69 46.15% 74.69
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
脳神経内科では主に重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプの手術を行っており、他には外科、呼吸器外科と連携し嚥下障害がある患者様へは胃瘻造設を行い、呼吸不全がある方は気管切開術を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 14 0.00 17.57 14.29% 0.00
K190-5 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填 12 3.50 3.17 0.00% 10.00
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
小児科では分娩に伴う新生児仮死蘇生術を行い、数多くの赤ちゃんの命を救っています。
心臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K5552 弁置換術(2弁) - - - - -
K5493 不整脈手術(メイズ手術) - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) - - - - -
K5542 弁形成術(2弁) - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
手術内容は、冠動脈バイパス術(単独手術では心拍動下)、弁形成および弁置換術、胸部大動脈手術(大動脈瘤および大動脈解離に対する人工血管置換術)、心房細動に対するメイズ手術、収縮性心膜炎手術、成人先天性心疾患など多岐にわたっています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 29 2.59 8.69 0.00% 73.76
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 17 5.24 12.53 0.00% 72.53
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 12 1.92 5.08 0.00% 63.92
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 11 2.45 5.27 0.00% 70.82
K5612ハ ステントグラフト内挿術(腸骨動脈) - - - - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や、下肢塞栓性動脈硬化症に対する経皮的血管形成術など数多く行っております。また深部静脈血栓症・肺塞栓症に対する下大動脈フィルター留置、血栓溶解療法なども行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 11 0.12%
180010 敗血症 同一 13 0.14%
異なる 35 0.37%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 30 0.32%
異なる - -
※10例未満の症例は、-(ハイフン)を記入しています。
上記は播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌感染症、手術・術後の合併症の発生率を示したものです。
○「DPC、傷病名」は1入院期間で最も医療資源を投入した病名を指しています。
○「入院契機」とは、入院し治療する必要があると判断する根拠となった病態のことで、同一であれば入院してから一貫してその病態の治療をしており、異なる場合は入院時に異なる病態で入院していたことになります。
○「発生率」の分母は令和3年度の退院患者数9,484名です。
○播種性血管内凝固症候群(DIC)は感染症などによっておこる、全身性の重症な病態です。人的資源も含め、治療に大きな医療資源が投入されます。
○敗血症は感染症によっておこる、全身性炎症反応の重症な病態です。DICと同様、治療に大きな医療資源が投入されます。
○真菌症は真菌による感染症です。
○手術・処置などの合併症は、手術や処置などにより一定割合で発生してしまう病態で、医療ミスとは異なります。上記の主だった内訳は、「処置の合併症」は5件(たとえば術後創部感染など)、「心臓、血管及び体内整形外科的プロステーシス、またはその他の挿入物及び移植片の合併症」が25件(たとえば透析シャント狭窄など)でした。
更新履歴