新着情報

ホーム > 新着情報一覧 > 「アドバンス助産師」が誕生しました

〒329-2763
栃木県那須塩原市井口537-3

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問

新着情報

2016/3/22

「アドバンス助産師」が誕生しました

平成27年12月25日付で、全国で5562人、栃木県では151人のアドバンス助産師が誕生しました。そのなかで我が国際医療福祉大学病院では9名の助産師が、自律して助産ケアを提供できる助産師として認証されました。

「アドバンス助産師」とは、日本看護協会が開発したCLoCMiP <クロックミップ> (Clinical Ladder of Competencies for Midwifery Practice)を活用し助産実践能力を評価し、レベルⅢに達していることを客観的に認証された助産師です。

全国共通の仕組みとして認証されたレベルⅢの到達レベルは、以下のとおりです。
 1.入院期間を通して、責任をもって妊産褥婦・新生児の助産ケアを実践できる
 2.助産外来において、個別性を考慮したケアを自律して提供できる
 3.助産外来において、指導的な役割を実践できる
 4.院内助産において、自律してケアを提供できる
 5.ハイリスクへの移行を早期に発見し対処できる

より専門性の高い助産ケアを提供し、受診される妊産褥婦とご家族の皆様に「安心・安全と感動を共有できる」分娩を支援していきます。

「アドバンス助産師」は、認証マークのバッジを襟元につけて活動しています。妊産褥婦の悩み、子育て、母乳相談等について、いつでもご遠慮なくお声かけください。

国際医療福祉大学病院 看護部のご案内

PAGE TOP