病院の特徴

院長ごあいさつ

国際医療福祉大学病院 院長 大和田 倫孝

国際医療福祉大学病院
院長 大和田 倫孝

「急性期から慢性期まで、地域に貢献する総合医療から高度専門医療まで」が、国際医療福祉大学病院の理念です。医療圏は広く北関東全域に及び、福島県南部からも受診されます。この広い地域の需要に応えるため、地域でのニーズの高い診療の全てと高度医療を共に提供すべく進化し続けることが使命です。

47の診療科と、チーム医療を実践するための周産期センター、呼吸器センター、循環器センター、脳神経センター等の15のセンター体制による診療により「common diseaseから高度専門医療まで」、「急性期医療から地域連携による在宅医療支援まで」、「出生から終末期医療まで」の幅広い医療を展開しており、多様な医療提供と豊富な症例実績が特徴です。

指導医層が厚いことも本院の誇りです。全国から大学病院の臨床講座教授・准教授の経歴を持つ医師、地域基幹病院の部長経歴を持つ臨床教育最前線の医師達が参集し、豊富な経験に基づく臨床研修を指導しています。医師は国際医療福祉大学の教員の職も有しており、臨床教育のプロフェッショナルとして「どのような個性も大切に育成する」ことを使命としています。
「国際貢献」も、国際医療福祉大学の理念です。既に大学では中国、ミャンマー、ベトナム等のアジア諸国医療保健機関との協定を多数締結し、病院においても海外連携は本年度の課題の一つです。

関連医療機関との連携プログラムの中で多様な医療福祉施設も経験でき、広く多くの研修医と繋がることができます。国際医療福祉大学病院で充実した2年間、あるいは専攻医としての3年間を通して、有能で心温かい、そして挑戦を楽しめる医師に育てます。

臨床研修委員長

国際医療福祉大学病院 副院長 大竹 孝明

国際医療福祉大学病院
副院長 大竹 孝明

国際医療福祉大学病院は、那須塩原市の豊かな自然の懐にあり、最新の医療機器と最高の医療スタッフが揃った臨床研修に最も適した病院のひとつです。指導スタッフには、医学部の教授・准教授経験者が多く、若い医師の育成に十分な知識と経験を備えています。臨床経験だけでなく、アカデミックな知識を背景にした指導をアットホームな環境で受けられるのが特徴です。

当院は日本有数の医療グループ:高邦会の基幹病院のひとつで、在校生5,000人を超える国際医療福祉大学の附属病院であり、最新の医療機器を備えているのが特徴です。今後低侵襲手術の中心となる手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi」や、少ない放射線被爆で高い解像度が得られる320列マルチスライスCTなどをいち早く臨床にとり入れています。また、医師だけでなく、看護師・薬剤師・検査技師など多職種によるチーム医療を重視しているのも特徴のひとつです。

若い医師にも、医療チームのなかで十分なコミュニケーションをとり診療のチームリーダーとして行動する機会を積極的に与えています。良い診療を行うためには、診療技術修練だけでなく医学研究に参加することも重要であると考えています。当院では、臨床病理カンファランス、学会発表、和文・英語論文作成も指導しています。
診療のエビデンスを自ら収集し、批判的に吟味して患者さんに適用していくEBM(エビデンスに基づいた医療)が行えるように指導しています。

平成26年度からは、初期研修に加えて後期研修プログラムを開始しました。グループ内の7病院のそれぞれの特徴を生かしたローテーションが可能になりました。一度見学に来てください。いつでもお待ちしています。

国際医療福祉大学病院の特長

1. 充実した診療体制

「生涯にわたって、当病院で地域住民の健康を支える」という病院の基本的な考え方に基づき周産期グループ(リプロダクションセンター、産科、小児科)が不妊治療、出産から小児診療までを担当、成人期のあらゆる疾患については循環器や消化器、呼吸器等の専門診療科が担当します。高齢期のケアについては「介護老人保健施設マロニエ苑」、「にしなすの総合在宅ケアセンター」、「特別養護老人ホーム栃の実荘」が病院に併設されており、生涯にわたって地域住民の方々の健康を守っています。また、より充実した医療を提供するために従来の診療科の領域を超えて、センター方式による医療の提供を行っており、循環器センターや呼吸器センター等内科、外科が連携して診療にあたることで、より集学的な診療の提供が可能となっています。

2. 最新の医療機器を配備

全国では6台目、栃木県では初となる手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi」をはじめとして320列マルチスライスCTや3.0テスラMRI、アンギオグラフィ(血管撮影装置)を導入し、最先端の医療を提供しています。また電子カルテ・PACS(画像情報システム)により、高度な診療を効率的に支える基盤システムを早くから構築しています。本年度は腹腔鏡下手術手技トレーニングシュミレータを導入予定であり、さまざまな症例に対する腹腔鏡下手術のより実践的な臨床研修が可能となります。

3. グループ間の連携・交流

国際医療福祉大学病院の属する「国際医療福祉大学・高邦会グループ」は、医療・福祉・教育の複合体として、関東・東海地区及び九州地区で36施設を展開しています。同質で大規模なフランチャイズ展開ではなく、国際医療福祉大学及び国際医療福祉大学大学院の教育・研究を中核として、それぞれの特長ある施設が連携を組むことで、あらゆる医療・福祉のニーズに応えることのできるサービスの提供をめざしています。 臨床研修においても、他のグループ施設での研修を可能としており、また各グループ施設間での研修医の交流も活発に行われています。

  • 病院見学会
  • 各診療科からのご紹介
  • 各診療科からのご紹介
  • 関連病院ネットワーク
  • 後期臨床研修のご案内
  • おおたか会