診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脳神経センター > 神経内科 > 神経難病センター

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内

神経難病センター

神経難病に対応するチーム医療

神経難病とは、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、多発性硬化症、重症筋無力症などの難治性神経疾患の総称です。これらの疾患は原因が不明で、症状が進行性で、患者様は肢体の不自由を余儀なくされ、常にケアとサポートを必要とします。そのため、神経難病医療は、医師や看護師ばかりでなく、リハビリテーションやメディカル・ソーシャル・ワーカー、ケアマネージャーや訪問看護、訪問リハビリテーションスタッフを含めた幅広いチーム医療を必要とします。

当院は栃木県神経難病ネットワークの県北の基幹病院に指定されており、栃木県県北における神経難病医療の中心的存在をめざしています。当センターは、以下の内容を常時提供することを目的としています。

1. 神経内科医による専門的医療のご提供

2. 入院・在宅における医療環境の整備

3. 医療面・生活面でのきめ細やかな支援

4. 必要時の入院病床の確保

PAGE TOP