研究業績

2008年度著書・論文

著書

蜩c 薫: 産婦人科診療指針第2版、無月経の検査・治療法、pp380-393、中外医学社、2008.6

蜩c 薫: 産婦人科診療指針第2版、 卵細胞質内精子注入法(ICSI)、pp539-546、中外医学社、2008.6

岩本 晃明、山川 克典、中澤 龍斗:男性ホルモン補充療法の治療戦略 男性更年期障害―その関連領域も含めたアプローチ 白井将文編 p57−62、2008.5 新興医学出版、東京

発表論文

Namiki M, Akaza H, Shimazui T, Ito N, Iwamoto T, Baba K, Kumano H, Koh E, Tsujimura A, Matsumiya K, Horie S, Maruyama O, Marumo K, Yanase T, Kumamoto Y; Working Committee on Clinical Practice Guidelines for Late-onset Hypogonadism; Japanese Urological Association/Japanese Society for Study of Aging Male:Clinical practice manual for late-onset hypogonadism syndrome.  Int J Urol 2008, 15:377-88.

Toshiyasu Amano Tetsuya Imao, Katsurou Takemae, Teruaki Iwamoto, Katsunori Yamakawa, Katsuyuki Baba, Mariko Nakanome, Hiroki Sugimori, Toshiaki Tanaka, Katsumi Yposhida, Takuyuki Katabami, and Masami Tanaka: Profile of serum testosterone levels after application of testosterone ointment(Glowmin) and its clinical efficacy in late-onset hypogonadism patients. J Sex Med 2008,5:1727-1737

Yoko Sato, Shiari Nozawa, Teruaki Iwamoto; Study of spermatogenesis and thickening of lamina propria in the human seminiferous tubules. Fertil Steril, 2008, 90:1310-1312

Kaoru Yoshida, Zoa´rd Tibor Krasznai, Zolta´n Krasznai, Miki Yoshiike, Natsuko Kawano, Manabu Yoshida, Masaaki Morisawa, Zolta´n To´ th, Zsuzsa Kassai Bazsa´ne´ ,Tere´z Ma´ ria´n, and Teruaki Iwamoto: Functional of Sperm Motility in HumansImplications of embrane Modification With Semenogelins for Inhibition.Cell Motility and the Cytoskeleton 2009, 66: 99?108

Iso T, Futami K, Iwamoto T, Furuichi Y.:Effects of estrogenic agents 17β -estradiol(E2) and bisphenol A on the expression of RecQ DNA hericases in mammary tumor MCF-7 cells. J Health Science 2009,55:119-124,

Iwamoto T, Yanase T, Horie H, Namiki M, Okuyama A.:Late-onset hypogonadism (LOH) and androgens: validity of the measurement of free testosterone levels in the diagnostic criteria in Japan.. Int J Urol. 2009 Feb;16(2):168-74

蜩c 薫: ICSIの位置づけ 日本産科婦人科雑誌、60: 377-381、2008.9

蜩c 薫、高田 智美: 顕微授精での受精障害 不妊症-臨床と研究の最前線、医学の歩み 別冊、85-89、2008.9

KAORU YANAGIDA, YOKO FUJIKURA, HARUO KATAYOSE: The present status of artificial oocyte activation in assisted reproductive technology. Reprod. Med. Biol., 7: 133-142, 2008.9

蜩c 薫、猪鼻 達仁、藤倉 洋子、片寄 治男:エキスパートに学ぶ体外受精実践講座、顕微授精、臨床婦人科産科、62: 951-956、2008.7

蜩c 薫: 体外受精・顕微授精、日本医師会雑誌、137: 31-34、2008.4

蜩c 薫、藤倉 洋子、片寄 治男: ICSIの適応を再考する、産婦人科治療、98:197-202、2009.2

片寄 治男、岩本 晃明, 蜩c 薫: 生殖補助医療をめぐる諸問題 ARTにおける受精・発生障害 産科と婦人科、75: 1242-1250 (2008.10)

野澤 資亜利、岩本 晃明:日本人男性の精子数 産婦人科治療 96:368-372,2008

岩本 晃明、吉池 美紀、野澤 資亜利 : 環境ホルモンの男性生殖機能への影響 Biophilia 4(2) 21-24, 2008

岩本 晃明:精液が射出しないケースでも児は得られる −前立腺マッサージによる精子回収法−Modern Physician 28;1099, 2008

岩本 晃明、松下 知彦:糖尿病と性機能障害 ホと臨床 56: 517-523, 2008



2011年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2010年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2009年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2008年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2007年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2006年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2005年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2004年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告