研究業績

2005年度著書・論文

著書

蜩c 薫: 体外受精 改訂4版 ICSIの準備と実技, 編集:鈴木秋悦, メジカルビュー社, P182-189, 2005.4

発表論文

片寄治男、林幸太郎、高橋秀憲、菅原 登、鈴木博志、鈴木りか、蜩c 薫、佐藤 章: 腹腔鏡卵巣腫瘍手術時に術中迅速病理診断が有効であった2症例. 日本産科婦人科学会東北連合地方部会誌、52: 34−38、2005.9

Kaoru Yanagida: Complete fertilization failure in ICSI. Human Cell, 17:187-193, 2005.4 Kaoru Yanagida, Yoko Fujikura: ICSI and Embryogenesis. Reproductive Immunology and Biology, 20:79-81, 2005.11

蜩c 薫: 生殖補助医療の限界,生殖補助医療の成績、医学の歩み、213,2785-2789,2005.04

島田 和彦、藤倉 洋子、佐々木 志野、蜩c 薫: ゴナドトロピン併用療法による人工授精、産婦人科の世界、57: 2785-2789、2005.4

蜩c 薫、藤倉 洋子:不妊・生殖医療のインフォームド・コンセント 体外受精・顕微授精。産婦人科の実際: 54: 1805-1816、2005.10

蜩c 薫、藤倉 洋子: インフォームドコンセント 顕微授精。 産科と婦人科、73(増刊号): 143-147、2005.6

蜩c 薫: 不妊治療の最前線。くらしとからだ、47: 16-17、2005.10

蜩c 薫: 不妊治療とART EBMと限界。日本産科婦人科学会熊本地方部会雑誌、49: 21-25、2005.4

蜩c 薫、藤倉洋子: Embryo donationのリスク。ホルモンと臨床、53:667-673、2005.7

蜥ャ 隆造、蜩c 薫、押尾 茂:発見は夢から生まれる。日本不妊学会雑誌、50:47-52、2005.4

島田 和彦, 蜩c 薫, 山田 哲夫, 種市 明代, 斉藤 裕, 佐藤 郁夫: 腹腔鏡下に性腺を摘出しえた精巣性女性化症候群の1例. 栃木県産婦人科医報, 32: 150-153, 2006.03



2011年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2010年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2009年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2008年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2007年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2006年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2005年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2004年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告