研究業績

2005年度シンポジウム・特別講演・一般講演

講演会・シンポジウム

第1回東海ART研究会, 特別講演「ICSIの実際と最近の進歩」、2005.2.19 名古屋

蜩c 薫, 不妊治療とART - EBMと限界,日本産科婦人科学会山梨地方部会後期研修会, 古名屋ホテル,山梨県甲府市, 2005.10.14

蜩c 薫, 卵子を大切に(健康と月経と卵子) 栃木県教育委員会, 栃木県立足利女子高等学校, 栃木県足利市, 2005.7.8

蜩c 薫, 生殖医療・進歩の軌跡と現状, 山梨先端医療研究会, 山梨大学医学部 山梨県甲府市, 2005.10.2

蜩c 薫, 不妊治療とART, 福島県郡山市産婦人科医会, ビックアイ,福島県郡山市, 2005.9.22

蜩c 薫, GnRHアナログと不妊症, 宇都宮市産婦人科医会, ホテル東日本宇都宮, 栃木県宇都宮市,2005.6.10

蜩c 薫, ARTのEBMと障壁, 那須産婦人科医会研修会, ホテル花月, 栃木県黒田, 2005.6.6

蜩c 薫, 思春期のダイエットとリプロダクティブ・ヘルス,関東甲信越地区母子保健事業研修会,日本家族計画協会, 栃木県総合文化センター, 栃木県宇都宮市, 2005.11.2

学会発表

林章 太郎, 伊藤 明子, 熊耳 敦子, 高山 智子, 菅沼 亮太, 小宮 ひろみ, 片寄 治男, 佐藤 章, 蜩c 薫: ICSIでの卵活性化障害・反復不成功例に対しStrontiumによる人為的卵活性化を行い妊娠・分娩に至った1症例. 日本不妊学会,2005.11.17

菅沼 亮太, 片寄 治男, 小宮 ひろみ, 林 章太郎, 高山 智子, 伊藤 明子, 熊耳 敦子, 佐藤 章, 蜩c 薫, 蜥ャ隆造:卵活性化因子障害精子モデルを用いた,卵細胞質内精子注入法に併用した人為的卵活性化法の有効性に関する検討. 日本不妊学会,2005.11.18

菅沼 亮太, 片寄 治男, 小宮 ひろみ, 林 章太郎, 高山 智子, 伊藤 明子, 熊耳 敦子, 佐藤 章, 蜩c 薫, 蜥ャ 隆造: 卵活性化因子障害精子モデルを用いた,卵細胞質内精子注入法に併用した人為的卵活性化法の影響に関する検討.日本アンドロロジー学会, 2005.7.22

菅沼 亮太, 片寄 治男, 小宮 ひろみ, 林 章太郎, 両角 和人, 高山 智子, 熊耳 敦子, 佐藤 章, 蜩c 薫, 蜥ャ 隆造: 卵活性化因子障害精子を用いた,ICSI後未受精卵に対する人為的卵活性化法の有効性に関する検討.日本産科婦人科学会, 2005.4.4

菅沼 亮太; 片寄 治男; 小宮 ひろみ; 林 章太郎; 高山 智子; 熊耳 敦子; 佐藤 章; 蜩c 薫; 蜥ャ 隆造: 卵活性化因子障害精子を用いた, 卵細胞質内精子注入法に併用した人為的卵活性化法の影響に関する検討.日本哺乳動物学会, 2005/5/21

高山 智子, 片寄 治男, 林 章太郎, 小宮 ひろみ, 佐藤 章, 蜩c 薫 Sperm chromatin structure assay (SCSA)による精子核クロマチン構造解析と胚盤胞形成率の相関.日本産科婦人科学会, 2005.4.4



2011年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2010年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2009年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2008年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2007年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2006年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2005年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告

2004年
著書・論文 / シンポジウム・特別講演・一般講演 / 研究報告