診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 呼吸器センター > 呼吸器内科

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ

呼吸器内科

ご挨拶

呼吸器内科部長の大野彰二です。当呼吸器内科は2008年に開設して、当初は私ひとりで診療していましたが、現在は3名の常勤医で診療にあたっています。当院は日本呼吸器学会の認定施設でもあり、3名の常勤医はいずれも日本呼吸器学会の専門医です。そのため呼吸器疾患の全般を専門的に診療できます。また当院では呼吸器センターという方式で診療にあたっているため、呼吸器外科との連携を密に行っています。外来は隣接して診療しているため、必要に応じて速やかに外科的な診療も可能ですし、入院も同じ病棟で担当しています。これにより肺癌や縦隔腫瘍などは、呼吸器内科・呼吸器外科・放射線科が協力して行う集学的治療が容易に、ハイレベルで行えるようになっています。もちろん、内科、外科の特有な疾患は、その専門性が発揮できるようにそれぞれの診療科が専門的に診ることは今までとはかわりありません。外来は現在午前中のみ開設となっていますが、人員が整い次第午後も診療できるようにしたいと考えています。また予約外の患者さまを積極的に診療できるように予約枠は少なくなっておりますが、時間内に来られた方はお断りすることなく、お待たせすることなく、当日に診療することをモットーにしています。

診察内容

検査体制のこともあり睡眠時無呼吸症候群以外のあらゆる呼吸器疾患を対象に診療しています。風邪、気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症や気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患),間質性肺炎、肺癌などが主たる疾患となります。しかし、咳が長引く、痰が出る、何となく息苦しい、胸が痛いなどの症状の解決や、健診で胸部異常陰影を指摘された、肺機能異常があるなど二次健診、転居などに伴う呼吸器疾患の継続、他病院での診療に関する疑問解決、禁煙相談などあらゆることに対応しています。入院病床も呼吸器内科で20床前後を確保しており、必要に応じて入院も可能です。肺癌の化学療法や放射線治療、外来化学療法にも対応しています。基本的には急性期病床なのですが、長期療養が必要な場合には療養型病院をご紹介することも可能です。稀に当院で対応できない場合には、他の大学病院と連携して、ご紹介することも可能です。在宅医療を希望される場合には地域の先生方御協力いただき、そのマネージメントもいたします。

診療実績

2014年度入院症例 227例

診療科 項目 2014年度 2015年度
内訳 呼吸器感染症(肺炎、膿胸など) 83 51
悪性腫瘍(肺癌、転移性肺癌) 72 75
間質性肺疾患 14 18
COPD 14 20
その他(心不全、喘息など) 44 26
227 190
外来医師担当表
曜日
午前 大野 彰二 大野 彰二
荒川 伸人
辻田 章博 大野 彰二 辻田 章博
午後

【特記事項】

※かかりつけ以外の内科疾患は一般内科の受診となります。

ご予約・お問い合わせ
電話0287‐37‐2221(代表)
電話0287‐38‐2782(予約専用)
※診察や検査の予約および予約変更について
(月曜~土曜日9:00~13:00、14:00~17:00の間にお願いいたします。)

PAGE TOP