診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 循環器センター > 循環器内科 > 循環器内科だより

  • 診療科のご紹介
  • 医師案内
  • フロアマップ
循環器内科だより 教育実績 抄読会・研究

循環器内科だより

【県北水利尿薬講演会】
平成29年11月7日に大田原市において県北水利尿薬講演会を行いました。

一般講演
座長 国際医療福祉大学医学部 准教授 武田守彦医師

特別講演
「浮腫性疾患における体液調節の異常とバソプレシン」
座長:国際医療福祉大学医学部 教授 柴 信行医師
演者:国際医療福祉大学医学部 教授 石川三衛医師

【第54回日本臨床生理学会総会】
平成29年11月4-5日に宇都宮市で開催された第54回日本臨床生理学会総会に 参加しました。当科からは下記の発表を行いました。

シンポジウム 4
<循環器疾患予防の新展開:疫学から地域医療へ>
「加齢に伴う身長減少における性差についての検討」
演者:国際医療福祉大学病院 循環器内科 斎藤大樹

シンポジウム 6
<地域包括ケア時代のアンメットニーズと対策 ~心不全診療を中心に~>
座長:国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行

「不整脈疾患を合併する心不全治療 -心房細動を中心に-」
演者:国際医療福祉大学病院 循環器内科 ハートリズム科 福田浩二

ミニシンポジウム 8
<実地医家セッション:地域医療における、実地医家と基幹病院の役割 ~包括と共生~>
「高齢者診療の進歩と病診連携 ~循環器疾患を中心に~」
演者:国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行

ミニシンポジウム 10
<自律神経・睡眠時無呼吸>
「肥大型心筋症患者における睡眠呼吸障害の検討」
演者:国際医療福祉大学病院 循環器内科 佐竹洋之

【第21回日本心不全学会学術集会】
平成29年10月12日~14日に秋田市で開催された第21回日本心不全学会学術集会に参加しました。当院からは下記の発表を行いました。

一般口演1 弁膜症1
「当院におけるバルーン大動脈弁形成術の治療成績に関する報告」
布田沙綾、高田剛史、斎藤大樹、佐竹洋之、兼光伯法、福田浩二、武田守彦、柴 信行

シンポジウム9 超高齢化社会における心不全管理
「疫学と現場から見た超高齢者心不全の現状」
柴 信行

ポスター17 心腎連関
座長 柴 信行

一般口演2 薬物治療3
「非代償性心不全患者においてトルバプタン長期継続を必要とする症例の予測因子の検討」
武田守彦、高田剛史、斎藤大樹、佐竹洋之、布田沙綾、兼光伯法、福田浩二、柴 信行

【第二回にしなすケアネット】
平成29年9月28日に当院B5棟講堂で開催された第二回にしなすケアネットに参加 しました。
本会議は、西那須野地区の地域包括支援センターが主催する地域ケア会議であり、厚生労働省が主導する地域共生社会推進に向けて、高齢者のみならず、障害者や小児を含めた「丸ごと」の福祉の充実を目指しています。
今回の事例検討は地域包括支援センターとちのみから提示されたもので、テーマは「高齢者と障害者が暮らす世帯」でした。
当日は、地域住民、地域包括支援センター、社会福祉協議会、那須塩原市、その他の福祉関連施設が一同に会し、総勢で約90名の参加がありました。

【心不全のチーム医療を考える会】
平成29年9月25日に自治医科大学教育研究棟で開催された心不全のチーム医療を考える会にて下記の特別講演を行いました。

「CHART研究と心不全診療における多職種連携のこころみ」
演者:国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行 医師
座長:自治医科大学循環器内科学部門 教授 江口和男 先生

【第8回国際性差医療学会】
平成29年9月14~16日に仙台市で開催された第8回国際性差医療学会に参加しました。
当科からは下記の発表を行いました。

The 8th Congress of the International Society of Gender Medicine
Symposium 5 Advances in Cardiovascular Diseases in Women

"Emerging Problems in Gender Difference: Impact of Super-aging Society in Japan"
Nobuyuki Shiba
Prof. International University of Health and Welfare Hospital

Poster Session: Others
Chair: Nobuyuki Shiba (International University of Health and Welfare Hospital)

Poster Session: Cardiology (Arrhythmia)
"A Study on Gender Difference Regarding the Onset of Atrial Fibrillation in the General Population
-A Report from Tochigi Public Health Service Association-"
Tsuyoshi Takada (International University of Health and Welfare Hospital, Japan)

Poster Session: Epidemiology
"Sex Difference in Developing Severe Aortic Valve Stenosis in Aged Population"
Hiroki Saito (Department of Cardiovascular Medicine, International University of Health and Welfare Hospital, Japan)

【第7回国際医療福祉大学学会学術集会】
平成29年8月27日に大田原キャンパスで開催された第7回国際医療福祉大学学会学術集会に参加しました。
循環器センターからは下記の演題を発表しました。

「栃木県北突然死コホート・栃木県一般住民健診コホート・人間ドック受診コホートを用いた突然死発生と心血管疾患発症の関連と予防方策の研究 ~栃木県北突然死撲滅キャンペーン~ 」
柴信行 国際医療福祉大学病院循環器内科

「栃木県県北地域における突然死の多施設共同調査 」
吉永隆 国際医療福祉大学病院心臓外科

「Elevated uric acid level represents arteriosclerosis of retinal artery in general population 」
高田剛史 国際医療福祉大学病院循環器内科

【第一回にしなすケアネット】
平成29年8月24日に当院B5棟講堂で開催された第一回にしなすケアネットに参加しました。
本会議は、西那須野地区の地域包括支援センターが主催する地域ケア会議であり、地域包括ケアシステムの重要な拠点として整備が求められているものです。
当日は、地域住民、地域包括支援センター、社会福祉協議会、那須塩原市、その他の福祉関連施設が一同に会し、総勢で100余名の参加がありました。

【第三回那須インターベンションライブデモンストレーション】
平成29年8月5日に当院において第三回那須インターベンションライブデモンストレーションを開催しました。
本デモンストレーションは「次世代インターベンショニストの会」が、インターベンション治療の向上と普及を目的に、平成27年から年一回主催しているものです。
当日は、ゲストオペレーター2名をお招きして最新の治療の紹介や議論が行われました。

開会挨拶 国際医療福祉大学病院 循環器センター長 柴 信行 医師
司会 国際医療福祉大学病院 冠疾患科部長 武田守彦 医師

ゲストオペレーター
時計台記念病院 循環器センター顧問 浦澤一史 先生
福岡山王病院 循環器センター長 横井宏佳 先生

【那須インターベンションセミナー】
平成29年8月4日に大田原市において那須インターベンションセミナーを開催しました。

「末梢血管内治療の最新の話題」
座長:国際医療福祉大学病院 循環器センター長 柴 信行 医師
演者:時計台記念病院 循環器センター顧問 浦澤一史 先生

【Brain & Heart Seminar】
平成29年7月27日に大田原市において開催されたBrain & Heart Seminarに参加しました。

一般講演
「心房細動アブレーション Up to Date」
座長:国際医療福祉大学病院 循環器センター長 柴 信行医師
演者:国際医療福祉大学病院 ハートリズム科部長 福田浩二医師

【第23回日本心臓リハビリテーション学会】
平成29年7月15日(土)~7月16日(日)に長良川国際会議場で
開催された第23回日本心臓リハビリテーション学会に下記の如く参加しました。

7月16日 シンポジウム12
包括的心臓リハビリテーションとしての薬物療法と栄養管理を考える

「超高齢社会における高血圧薬物治療の現状と課題」
柴 信行(国際医療福祉大学病院 循環器センター)

【肺動脈性肺高血圧症フォーラム】
平成29年6月22日に大田原市において肺動脈性肺高血圧症フォーラムを開催しました。

総合座長
国際医療福祉大学医学部循環器内科 教授 柴 信行医師

一般演題
「術前心機能評価で肺高血圧症が疑われた一例」
国際医療福祉大学医学部循環器内科 助教 谷口浩久医師

特別講演
「肺高血圧症の最新の診断と治療」
国際医療福祉大学医学部循環器内科 准教授
国際医療福祉大学三田病院 肺高血圧症センター 田村雄一医師

【第5回栃木心血管インターベンション研究会】
平成29年6月17日に当院B棟5階大講堂において第5回栃木心血管インターベンション研究会を開催しました。
本研究会は、栃木県内の心血管インターベンション治療を行う施設が一同に会し年に2回開催されるものです。当日は、一般演題が5題、特別講演が1題発表され、大変熱心な議論が行われました。

【塩谷郡市不整脈勉強会】
平成29年6月14日に矢板市において塩谷郡市不整脈勉強会を開催しました。

一般講演
「DVTに対するDOACの当院での使用経験」
座長:国際医療福祉大学塩谷病院 循環器内科部長 稲見茂信医師
演者:国際医療福祉大学塩谷病院 循環器内科 後藤理人医師

特別講演
「心房細動治療 Up To Date」
座長:国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師
演者:国際医療福祉大学病院 ハートリズム科部長 福田浩二医師

【第3回栃木県北不整脈研究会】
平成29年5月23日に大田原市において第3回栃木県北不整脈研究会を下記のように開催しました。

一般講演
「当院でのデバイス治療の取組み」
座長:国際医療福祉大学病院 ハートリズム科部長 福田浩二医師
演者:国際医療福祉大学病院 循環器内科医長 佐竹洋之医師

特別講演
「心不全におけるCRTの役割~JCSガイドラインの妥当性~」
座長:国際医療福祉大学医学部 循環器内科教授 柴 信行医師
演者:日本大学医学部 循環器内科 診療教授 中井俊子先生

【西那須野塩原地区医師会特別講演会】
平成29年5月11日に大田原市において開催された西那須野塩原地区医師会特別講演会において柴信行医師が下記の講演を行いました。

「循環器疾患の最近の話題~脂質異常症の残余リスク~」
国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師

【第3回栃木県北 心臓の会】
2017年4月19日に大田原市において第3回栃木県北心臓の会を開催しました。

一般演題
「高齢化社会の大動脈弁狭窄症~外来診療から治療まで~」
座長:国際医療福祉大学病院 循環器内科 高田剛史医師
演者:いわき市立総合磐城共立病院 循環器科 科長 高木佑介先生

特別講演
「不整脈疾患治療における非薬物療法の進歩」
座長:国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師
演者:国際医療福祉大学病院 ハートリズム科 部長 福田浩二医師

高田 剛史 医師

佐藤 由美子 技師

武田 守彦 医師

【第81回日本循環器学会学術集会】
2017年3月17-19日に金沢市(石川県立音楽堂など)で行われた第81回日本循環器学会学術集会に参加しました。

2017 年3 月17 日(金)

Premature Atrial Contraction is a Possible Predictor of de novo Chronic Kidney Disease in General Population Tsuyoshi Takada、Morihiko Takeda、Hiroki Saito、 Hiroyuki Satake、Hironori Kanemitsu、Nobuyuki Shiba、Chiaki Shirakawa

Poster Session (English) 39 Heart Failure (Diagnosis) 1 [Chairperson] Nobuyuki Shiba

2017 年3 月19 日(日)

Efficacy and Safety of Tolvaptan Administration in Sedated Patients under Mechanical Ventilation with Severe Congestive Heart Failure Morihiko Takeda、Hironori Kanemitsu、Tsuyoshi Takada、Hiroyuki Satake、Hiroki Saito、Nobuyuki Shiba

重症大動脈弁逆流による慢性心不全急性増悪に て発見された限局性上行大動脈・バルサルバ洞 解離の1例 佐藤由美子、高野真澄、坂本由佳、入江里奈、 佐竹洋之、柘植俊介、國友隆二、髙橋和郎、 柴信行

Underdose of Apixaban may Decrease the Efficacy of Reduced-Dose Anticoagulant Therapy in Patients with Atrial Fibrillation in the Real World Tsuyoshi Takada、Morihiko Takeda、Hiroki Saito、 Hiroyuki Satake、Hironori Kanemitsu、Nobuyuki Shiba

【保健衛生事業団講演】
2017年3月9日に当院の柴信行医師が、とちぎ健康の森で保健師・看護師・臨床検査技師等を対象に講演を行いました。

「循環器疾患の最近の話題」
国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師

【県北TAVIフォーラム】
2017年3月8日に、大田原市で開催された県北TAVIフォーラムに参加しました。

一般講演
「独協医科大学病院のTAVIの現状」
座長 国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行
演者 独協医科大学付属病院 心臓血管内科助教 那須野尚久先生

【栃木県北突然死撲滅キャンペーン】
2017年2月19日に当院B棟5階講堂において、地域医療福祉ネットワーク主催:栃木県北突然死撲滅キャンペーン「心疾患を予防して突然死から身を守ろう」を開催しました。

【午前の部】
1.普通救命講習会
1)挨拶 副院長 柴 信行
2)救急隊挨拶 救急第2係長 鈴木貴人様
3)講習会:普通救命講習Ⅰ

【午後の部】
2.市民公開講座
1)挨拶
病院長 桃井眞里子
NW会長 鈴木明裕先生
2)講演
座長:地域医療連携室部長 柴 信行副院長

①突然死とはなんだろう?
講師:循環器内科 佐竹洋之医師

②怖い病気:急性心筋梗塞をみつけよう
講師:循環器内科 武田守彦医師

③心臓病を起こしやすい病気:糖尿病を学ぼう
講師:糖尿病内分泌代謝科 保川信行医師

3)体験コーナー
救命入門コースに準じた簡易救命講習

【栃木県北循環器病懇話会】
2017年2月15日に大田原市において栃木県北循環器病懇話会を開催しました。
当科からは下記の発表を行いました。

一般演題「電気生理検査とカテーテルアブレーションとは?」
座長:那須赤十字病院 循環器内科部長 景山 倫也 先生
演者:国際医療福祉大学病院 循環器内科医長 佐竹 洋之 医師

特別講演:「心房細動の最新治療~エドキサバンの有用性とアブレーションの進歩」
座長:国際医療福祉大学病院 循環器センター長 柴 信行 医師
演者:国際医療福祉大学福岡山王病院 ハートリズムセンター長 熊谷 浩一郎 先生

【南那須地域医療を守る講演会】
2017年2月12日に烏山公民館で開催された下記の市民公開講座で講演を行いました。

南那須地域医療を守る講演会2017
「突然死撲滅キャンペーン~心臓病を学んで、突然死を予防しよう」

第一部
「那須南病院における救急医療の現状」
那須南病院院長 宮澤 保春 先生

第二部
「狭心症・心筋梗塞から身を守ろう」
国際医療福祉大学病院副院長 柴 信行 医師
「安心できる不整脈と怖い不整脈」
国際医療福祉大学病院循環器内科医長 佐竹 洋之 医師

齊藤 大樹 医師

高田 剛史 医師

【第10回日本性差医学・医療学会学術集会】
2017年1月28日(土)~29日(日)にウインクあいちで行われた第10回日本性差医学・医療学会学術集会に参加しました。
当科からは下記の演題を発表しました。

「一般住民における心房細動発症の性差に関する検討
-栃木県保健衛生事業団からの報告-」
高田 剛史、武田 守彦、佐竹 洋之、齊藤 大樹、兼光 伯法、柴 信行、白河 千秋、植木 恵二

「加齢に伴う身長減少に関する性差についての検討
-栃木県保健衛生事業団からの報告-」
齊藤 大樹、高田 剛史、武田 守彦、佐竹 洋之、兼光 伯法、柴 信行、白河 千秋、植木 恵二

【いわき南部エリア心不全講演会】
2017年1月25日にいわき市で開催されたいわき南部エリア心不全講演会において柴 信行医師が下記の講演を行いました。

「超高齢社会の心不全診療~地域医療における病院の役割~」
座長:呉羽総合病院循環器内科部長 鈴木幹二郎先生
演者:国際医療福祉大学病院 地域連携室部長 副院長 柴 信行

柴 信行 医師

【RADIO BERRYの取材を受けました】
2017年1月24日、地域連携室部長の柴 信行 医師が、RADIO BERRYの「えりのあ便り」で取材を受けました。

2017年2月19日に当院で開催される市民公開講座
「突然死撲滅キャンペーン~心疾患を予防して突然死から身を守ろう~」について、えりのあさんのインタビューにお答えしました。

【南那須医師会学術講演会】
2017年1月18日に那須南病院で開催された南那須医師会学術講演会において、柴 信行医師が下記の講演を行いました。

「国際医療福祉大学病院循環器内科診療内容のご紹介~突然死撲滅キャンペーン~」
座長:関口 忠司 先生(那須南病院)
演者:国際医療福祉大学病院 循環器センター長 副院長 柴 信行 医師

【熊谷浩一郎先生来訪】
2016年12月26日に、福岡山王病院ハートリズムセンター長の熊谷浩一郎先生と 医長の遠山英子先生にご来院頂き、不整脈アブレーション治療の技術指導をして頂きました。
当院では、国内有名医師を招聘し高度な治療技術の研鑽に努めています。

【循環器センター特別講演会】
2016年12月18日、当院のB5講堂において循環器センター特別講演会「狭心症を学ぼう~胸が痛いことはありませんか~」を開催しました。350名以上のご参加があり、シンポジウムでは多くのご質問を会場から頂きました。

主催者挨拶 国際医療福祉大学病院 桃井 眞里子 病院長
総合座長 国際医療福祉大学病院 副院長 循環器センター長 柴 信行 医師

基調講演1 「当院における冠動脈疾患治療の現況」
国際医療福祉大学病院 心臓カテーテル室長 武田 守彦 医師

基調講演2 「微小血管狭心症とは何だろう」
東北大学病院 循環器内科講師 高橋 潤 先生

特別講演 「狭心症の基礎知識」
東北大学大学院 循環器内科学教授 下川 宏明 先生

シンポジウム 「胸が痛くなったらどうしたらいいの?」
座長 国際医療福祉大学病院 副院長 循環器センター長 柴 信行 医師

桃井 眞里子 病院長

下川 宏明 先生

高橋 潤 先生

柴 信行 医師

武田 守彦 医師

【栃木県高原コンソーシアム】
2016年12月13日、那須塩原市において開催された下記の講演会に参加しました。

講演1
「国際医療福祉大学塩谷病院の脂質管理の現状について」
座長:国際医療福祉大学塩谷病院 循環器内科部長 稲見 茂信 医師
演者:国際医療福祉大学塩谷病院 循環器内科 谷口 浩久 医師

講演2
「心血管領域のアンメットメディカルニーズの克服に向けて 
~脂質代謝・心サルコイドーシス・肺高血圧症~」
座長:国際医療福祉大学病院 副院長 循環器センター長 柴 信行 医師
演者:国際医療福祉大学三田病院 肺高血圧症センター 准教授 田村 雄一 医師

【第2回栃木県心臓電気生理研究会】
平成28年11月25日に宇都宮市で開催された第2回栃木県心臓電気生理研究会に参加しました。

症例検討会
座長 国際医療福祉大学病院循環器内科 佐竹 洋之 医師

【第5回県北地区 Network Meeting】
平成28年11月21日、大田原市内で開催された第5回県北地区 Network Meeting に参加しました。

特別講演 「有効性、安全性、安心から見た抗凝固療法」
演者:美原記念病院脳卒中部門 部門長 神澤 孝夫 先生
座長:那須赤十字病院 統括管理監 宮原 保之 先生

Closing Remarks 国際医療福祉大学病院循環器内科 柴 信行 医師

【第56回栃木県総合医学会】
平成28年11月20日に宇都宮市で開催された第56回栃木県総合医学会に参加しました。
当科からは下記のポスター発表をおこないました。

「診断に難渋した 結核性収縮性心膜炎の一例」
国際医療福祉大学病院 循環器内科
布田 紗彩 武田 守彦 齊藤 大樹 佐竹 洋之 高田 剛史 兼光 伯法 柴 信行
国際医療福祉大学病院 心臓外科
柘植 俊介 吉永 隆 國友 隆二

【Cardiovascular Forum in 那須】
平成28年11月17日、大田原市内で開催されたCardiovascular Forum in 那須 に参加しました。

特別講演 「傷害血管壁の病態からみた心房細動合併PCI症例の抗凝固療法」
演者:独協医科大学病院 心臓血管内科 井上 晃男教授
座長:国際医療福祉大学病院循環器内科 柴 信行 医師

柴 信行 医師

柴 信行 医師

【第4回塩谷郡市医療連携の会】
平成28年11月10日、さくら市氏家公民館において下記の講演を行いました。

「国際医療福祉大学病院循環器内科の診療内容のご紹介 ~抗凝固療法の現状を含めて~」
演者:国際医療福祉大学病院循環器内科 柴 信行 医師

【心エコーハンズオンセミナー開催】
2016年11月6日(日)に当院B5講堂において下記の心エコーハンズオンセミナーを開催しました。
栃木県各地より30名の初期研修医、心エコー技師が参加しました。

初学者のための心エコーハンズオンセミナー in 那須
「心エコー図を自分のものにする!」 ~スペシャリストと学ぶ心エコー図法~

講師
高野 真澄 先生 (福島医大)
渡部 朋幸 先生 (わたり病院)
佐藤 ゆかり 先生 (福島医大)
藤田 雅史 先生 (みやぎ県南中核病院)
伏見 悦子 先生 (平鹿総合病院)
武田 守彦 医師 (国際医療福祉大学病院)

挨拶:桃井 眞里子病院長 (国際医療福祉大学病院)
総合司会:柴 信行 医師 (国際医療福祉大学病院)

主催:国際医療福祉大学病院
共催:東芝メディカルシステムズ(株)、(株)日立製作所
企画:ECHO TOHOKU 若手医師を育てるプロジェクト

心エコーハンズオンセミナー参加者

心エコーハンズオンセミナー参加者

【熊谷浩一郎先生来訪】
平成28年11月4日に、福岡山王病院ハートリズムセンター長の熊谷浩一郎先生にご来院頂き、不整脈アブレーション治療の技術指導をして頂きました。
当院では、国内有名医師を招聘し高度な治療技術の研鑽に努めています。

【那須郡市医師会市民公開講座】
平成28年10月30日に那須塩原市で開催された那須郡市医師会市民公開講座に参加しました。

「突然死しないために~救急蘇生と不整脈の治療~」
座長:国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師
演者:管間記念病院 副院長 西岡 修先生

当日は一般市民150名を対象にして頸動脈エコー無料検査と胸骨圧迫マッサージやAEDのデモンストレーションがありました。

【当院の武田医師がWeb講演会を行いました】
平成28年10月26日に下記のWeb講演会を行いました。

「インターベンショナリストが求める利尿薬治療」
国際医療福祉大学病院循環器内科准教授
武田守彦医師

【心不全ASVリサーチ・フォーラム第4回学術集会】
平成28年10月22日にステーションコンファレンス東京で開催された心不全ASVリサーチ・フォーラム第4回学術集会に参加しました。当科からは下記の演題を発表しました。

「HFpEFの治療オプションとしてのASV」
国際医療福祉大学病院循環器内科
高田剛史、武田守彦、斉藤大樹、佐竹洋之、兼光伯法、柴 信行

留学生と一緒に

留学生と一緒に

【国際医療保健学講義(修士)Ⅲ】
平成28年10月12日に当院においてIUHW奨学生9名を対象とした国際医療保健学講義(修士)Ⅲ:日本の医学概論を行いました。
循環器内科では、虚血性心疾患の予防や合併症についての講義を行いました。

【第20回日本心不全学会学術集会】
平成28年10月7日(金)~9日(日)にロイトン札幌で開催された第20回日本心不全学会学術集会に参加しました。当科からは下記の発表を行いました。

平成28年10月7日(金)
一般口演 薬物治療2
Prediction of Response to Treatment with Tolvaptan in Patients with Decompensated Heart Failure: Development of a Simple Responsiveness Score
Morihiko TAKEDA, Tsuyoshi TAKADA, Hiroyuki SATAKE, Hiroki SAITOU, Hironiri KANEMITSU, Nobuyuki SHIBA

シンポジウム「高齢者心不全の治療と限界」
病院における高齢者心不全包括管理
~地域包括ケアシステムにおける役割と機能分化~
演者:柴 信行 医師

【当科の臨床研究が専門誌に掲載されました】

「人工呼吸管理中の重症うっ血性心不全症例に対するトルバプタン経鼻胃管投与の有効性と安全性の検討」
武田守彦、高田剛史、佐竹洋之、菅野道貴、兼光伯法、柴 信行
心臓 2016;48(9):1033-1041

【第241回日本循環器学会関東甲信越地方会】
平成28年9月17日にステーションコンファレンス東京で開催された第241回日本循環器学会関東甲信越地方会に参加しました。当科からは下記の発表を行いました。

診断及び治療に難渋したがトルバプタンが著効した収縮性心膜炎による心不全の2例
国際医療福祉大学病院 循環器内科 布田紗彩
武田守彦、高田剛史、佐竹洋之、斎藤大樹、兼光伯法、柴 信行

【栃木県北Lipid Forum】
平成28年9月14日に大田原市において開催された「栃木県北Lipid Forum ~PCSK9をターゲットとした新しい治療戦略~」に参加しました。

総合座長 国際医療福祉大学病院副院長 柴 信行医師

講演
「当院におけるPCI後脂質治療の現状」
演者 国際医療福祉大学病院心臓カテーテル室長 武田守彦医師

【西那須野・塩原地区医師会学術講演会】
平成28年9月8日に開催された西那須野・塩原地区医師会学術講演会において柴信行医師が下記の講演を行いました。

「突然死撲滅キャンペーン ・栃木県北地域の院外心停止の現状」
国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師

【平成27年度国際医療福祉大学学内研究費若手研究者奨励賞】
平成27年度国際医療福祉大学学内研究費の若手研究者奨励賞に国際医療福祉大学病院心臓外科 吉永 隆医師が最優秀賞に選出されました。本発表は当院の心臓外科と循環器内科の共同研究の成果です。

「栃木県県北地域における突然死の現状の把握と予防方策の検討に関する研究 」

【第6回国際医療福祉大学学会学術大会】
平成28年8月27-28日に大田原キャンパスで開催された第6回国際医療福祉大学学会学術大会に参加しました。 当科からは下記の発表を行いました。

栃木県県北地域における突然死の現状の把握と予防方策の検討に関する研究
吉永隆1) 柴信行2) 國友隆二1) 篠澤洋太郎3) 柘植俊介1) 三澤吉雄4) 北島敏光5) 宮原保之6) 長谷川伸之7) 鈴木正徳8) 関口忠司9)
1)国際医療福祉大学病院心臓外科
2)国際医療福祉大学病院循環器内科
3)国際医療福祉大学病院救急医療部
4)自治医科大学病院心臓血管外科
5)那須赤十字病院院長
6)那須赤十字病院統括管理監
7)那須赤十字病院第1救急部長
8)菅間記念病院院長
9)那須南病院統括管理監

栃木県一般住民健診コホートと人間ドック受診コホートを用いた多臓器間コミュニケーション解明と心血管疾患発症予防方策の研究
柴信行1) 武田守彦1) 兼光伯法1) 高田剛史1) 佐竹洋之1) 齊藤大樹1) 白河千秋2)
1)国際医療福祉大学病院循環器センター
2)栃木県保健衛生事業団

日本人の重症動脈硬化性大動脈弁狭窄症の予後の検討
武田守彦 柴信行 兼光伯法 高田剛史 佐竹洋之
国際医療福祉大学病院循環器内科

国際医療福祉大学病院における心房細動患者に対する抗凝固薬の使用状況
高田剛史 柴信行 武田守彦 兼光伯法 佐竹洋之 斎藤大樹
国際医療福祉大学病院循環器内科

【第二回那須塩原インターベンションライブデモンストレーション】
平成28年8月27日に当院B棟講堂において第二回那須塩原インターベンションラ イブデモンストレーションを開催しました。A棟2階の2つの心臓カテーテル検査 室と講堂をつないで冠動脈インターベンショ ンと末梢動脈インターベンションのライブ治療を配信し、様々なディスカッションや治療技術の共有が行われました。
本ライブは、インターベンション治療に関わる若手医師への情報と技術の継承を目的に平成27年度に設立された「次世代インターベンショニストの会」の行う事業です 。

Operator
時計台記念病院 循環器センター顧問 浦澤一史先生
佐賀大学医学部 循環器内科学准教授 挽地 裕先生
ほか

【第二回那須インターベンションセミナー】
平成28年8月26日に大田原市において第二回那須インターベンションセミナーを開催しました。当日は下記の講演会を行いました。

Opening Remarks
西那須野内科循環器科クリニック院長 鈴木明裕先生

特別講演Ⅰ
座長 国際医療福祉大学病院循環器内科教授 柴 信行医師
「PAD症例に対する血管内治療の最前線」
演者 時計台記念病院副院長 浦澤一史先生

特別講演Ⅱ
「冠動脈ステント治療の限界と動脈硬化治療におけるEPAへの期待」
演者 佐賀大学医学部循環器内科 准教授 挽地 裕先生

Closing Remarks
江部医院院長 江部 寛先生

【当院の地域連携室がネットで紹介されました】
柴信行医師が部長を務めている国際医療福祉大学病院地域連携室の取り組みが紹介されました。

上昇病院.com https://www.jyo-sho-hospi.com/case/

【西那須野・塩原地区医師会特別講演会】
平成28年8月18日に那須塩原市で開催された西那須野・塩原地区医師会特別講演会で当科の武田守彦医師が講演を行いました。

「重症心不全治療と地域連携」
国際医療福祉大学病院循環器内科 准教授
武田守彦医師

【第22回日本心臓リハビリテーション学会】
平成28年7月16日~17日に東京国際フォーラムで開催された第22回日本心臓リハビリテーション学会に参加しました。

7月17日(日)一般演題 口演21
心不全(高齢者)
座長 柴 信行医師

武田 守彦 医師

佐竹 洋之 医師

【CVIT2016 ブレイクセミナー】
平成28年7月8日に東京国際フォーラムで開催された、CVIT2016 ブレイクセミナーで下記の発表を行いました。

テーマ:
「日本人の虚血性心疾患の突然死率は本当に低いのか?」
演題:
「心臓突然死撲滅を目指して -虚血医から不整脈医へ-」
演者:
国際医療福祉大学病院 心臓カテーテル室長 武田 守彦 医師
国際医療福祉大学病院 循環器内科医長 佐竹 洋之 医師

日本人の心臓突然死を撲滅するため、虚血医と不整脈医の連携が重要であることを発表し、座長の先生、フロアの先生方と熱いディスカッションを行いました。

中澤先生を囲んで

【PCIワークショップ】
平成28年5月19日、当院心臓カテーテル室において、PCIワークショップを行いました。近隣病院の若手インターベンション医をお招きし、当院でのPCI手技の実際を見学して頂きました。
今後とも当科では医師間、病院間の連携を深め、より良い治療を提供していきたいと考えております。

【第2回栃木県北不整脈研究会】
平成28年5月24日、大田原市において第2回栃木県北不整脈研究会を開催しました。今回は下記の講演を拝聴しました。

Opening Remarks
国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師

一般演題
「頻脈性不整脈の見分け方」
演者:国際医療福祉大学病院 循環器内科 佐竹洋之医師

特別講演
「心原性脳塞栓症を予防する~無症候性心房細動への取り組み~」
座長 国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師
演者:済生会川口総合病院 循環器内科 部長 小村 悟先生

中澤先生を囲んで

中澤先生を囲んで

【東海大学 中澤学先生来訪】
平成28年4月21日に、東海大学医学部附属病院循環器内科の中澤学先生にご来院頂き、新しいイメージングツールであるOFDIを用いた冠動脈治療につき、手技のご指導とご講演を頂きました。
当院でも積極的にOFDIを使用し、より患者様の病態に適した、より安全な冠動脈治療を目指していきたいと考えております。

【下野新聞「健康よろず相談室」に記事が掲載】
平成28年3月25日の下野新聞に柴信行医師の記事が掲載されました。
こちらからダウンロードできます

【第80回日本循環器学会学術集会】
平成28年3月18日~20日に仙台国際センターで開催された第80回日本循環器学会学術集会に参加しました。
当科からは下記の発表などを行いました。

The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society
March 18 (Fri)
Round Table Discussion 4 (RT04) (HF)
Management of Heart Failure Patients in the Highly Aged Society in Japan
Chairpersons: Nobuyuki Shiba

March 19 (Sat)
Oral Presentation (English) 38 (OE38) (MD)
Preventive Medicine/Epidemiology/Education 2
Elevated Uric Acid Level Represents Arteriosclerosis of Retinal Artery in General Population ―A Report from the Medical Checkup Program―
Tsuyoshi Takada
Michitaka Sugeno , Hiroyuki Satake , Morihiko Takeda , Hironori Kanemitsu , Nobuyuki Shiba
Department of Cardiovascular Medicine, International University of Health and Welfare Hospital, Tochigi

March 19 (Sat)
Poster Session (Japanese) 58 (PJ058) (CAD)
Angina Pectoris, Clinical 2
Chairperson: Morihiko Takeda

March 20 (Sun)
Poster Session (Japanese) 73 (PJ073) (A)
Arrhythmia, Clinical/Diagnosis/Treatment 9
Arrhythmia is Independently Associated with Proteinuria in Japanese
Population―Analysis of a Large Cohort in Health Check Program―
Michitaka Sugeno
Nobuyuki Shiba , Morihiko Takeda , Hironori Kanemitsu , Tsuyoshi Takada, Hiroyuki Satake
Department of Cardiovascular Medicine, International University of Health and Welfare Hospital, Nasushiobara

3月20日(日)
チーム医療セッション 一般演題(ポスター)36(O)
交通事故10年後に偽性仮性心室瘤と診断された一例
(国際医療福祉大学病院 検査室) 佐藤 由美子、菊田 聡美、高橋 和郎
(福島県立医科大学 集中治療部) 高野 真澄
(国際医療福祉大学病院 循環器内科) 武田 守彦、柴 信行
(国際医療福祉大学病院 病理診断科) 黒田 一
(国際医療福祉大学病院 心臓外科) 國友 隆二

【第2回栃木県北心臓の会】
平成28年3月15日に大田原市において第2回栃木県北心臓の会を開催しました。
今回は経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)についての勉強会です。
当科からは下記の発表などを行いました。

「当科における大動脈弁狭窄症診療の現状」
国際医療福祉大学病院循環器内科 山田 健太 医師

特別講演座長
国際医療福祉大学病院循環器センター 柴 信行 医師

【循環器治療戦略座談会 in Tochigi】
平成28年3月4日に宇都宮市で開催された循環器治療戦略座談会 in Tochigiに参加しました。
栃木県内5施設から、主に冠動脈疾患領域で活躍中の医師が参集しDiscussionを行いました。
当院からは下記の発表などを行いました。

総合司会・座長
国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師

一般演題
「慢性心不全患者へのICD一次予防の現状について」
国際医療福祉大学病院 佐竹洋之 医師

コメンテーター
国際医療福祉大学病院 武田守彦 医師

【平成27年度特定健診学術講演会】
平成28年3月1日(火)にとちぎ健康の森で開催された栃木県保健衛生事業団主催の平成27年度特定健診学術講演会で柴信行医師が下記の講演を行いました。

「健診現場で注意すべき波形とその対応方法」
国際医療福祉大学病院循環器センター長 柴 信行医師

佐藤 由美子技師

佐藤 由美子技師

【日本循環器学会第239回関東甲信越地方会】
平成28年2月6日(土)にステーションコンファレンス東京で開催された日本循環器学会第239回関東甲信越地方会に参加しました。
当院からは下記の発表を行いました。

セッションⅢ-6 その他の疾患・コメディカル
「交通事故10年後に診断された偽性仮性心室瘤の1例」
(国際医療福祉大学病院 検査室) 佐藤 由美子、菊田 聡美、高橋 和郎
(福島県立医科大学 集中治療部) 高野 真澄
(国際医療福祉大学病院 循環器内科) 武田 守彦、柴 信行
(国際医療福祉大学病院 病理診断科) 黒田 一
(国際医療福祉大学病院 心臓外科) 國友 隆二

柴 信行医師

柴 信行医師

【那須郡市医師会学術講演会】
平成28年2月3日(水)に大田原市で開催された那須郡市医師会学術講演会で当院の柴 信行医師が下記の講演を行いました。

「心臓のLifelong Management ~脳卒中と心疾患の関連を中心に~」
国際医療福祉大学病院 副院長 柴 信行医師

【第9回日本性差医学・医療学会学術集会】
平成28年1月30日(土)-31日(日)にニューオータニイン札幌において第9回日本性差医学・医療学会学術集会が開催されました。当科からは下記の発表などを行いました。

一般演題ポスター「心血管疾患」
座長 柴 信行

「年齢層別における男女の高血圧発症リスクに関する検討-栃木県保健衛生事業団からの報告-」
高田剛史、柴 信行、武田守彦、兼光伯法、佐竹洋之、白河千秋、小暮義雄

【循環器センター設立三周年記念特別講演会】
平成27年11月22日に当院5階講堂において、循環器センターセミナー『進化する循環器疾患の診療~最先端の心臓病治療~』を開催しました。
当日は約310名の方のご参加がありシンポジウムでは多くの質問を頂きました。

主催者挨拶 国際医療福祉大学病院 桃井眞里子病院長

基調講演「虚血性心疾患におけるカテーテル治療の進歩」
国際医療福祉大学病院心臓カテーテル室長 武田守彦医師 

基調講演 「不整脈治療における非薬物療法の進歩」
東北大学大学院循環器内科学講師 福田浩二先生 

特別講演 「長寿のための心臓病の知識」
東北大学大学院循環器内科学教授 下川宏明先生

シンポジウム 「超高齢社会の心臓病治療」
座長 国際医療福祉大学病院副院長 柴 信行医師

PAGE TOP